ライディングブーツ妄想編

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

「バイクに乗るときは、くるぶしが保護できるぐらいの靴を履きましょう」、と教習所で習いました(よね?)。

和休がバイクに乗り始めたときに履いていたブーツは、「レッドウイング」のブーツ。

スポンサーリンク

レッドウイングのブーツ

レッドウイングのブーツ
レッドウイングのブーツ

GPZ1100と北海道ツーリングに出かけたときに履いていた、思い出のブーツであります。

いまでは、バイク用からは引退し、普段使いのブーツになっています。

というのも、停車時に足をつく部分がえらくすり減ってしまったからなのです。

レッドウイングのブーツ

右足に比べると左足が減っています。減っている、というよりえぐれている状態です。

なぜこんなえぐれるような痛み方をするか、心当たりはないんですが、とにもかくにも足をつくと滑るようになってしまったので、やむなく引退させました。

脱ぎ履きがしにくいことを除けば、バイクでも使いやすい、いいブーツだったんですけどね。

スポンサーリンク

安全靴を履いています

今、和休が履いているブーツは、安全靴なんです。

黒豹の安全靴

「黒豹」というブランドのもので、ガチな安全靴ではなくて高所用作業靴に分類されるものです。

幅広のマジックテープで固定されるので、脱ぎ履きしやすかったのですが、バイク用としては靴底が柔らかいのが欠点でした。

この靴は合皮製なんですが、しばらく使っているとボロボロとめくれはじめてきて、あまり耐久性はなさそうです。

そんなわけで、次のバイク用ブーツを探しています。

スポンサーリンク

次は、バイク用のブーツを買おう!

和休が求める性能は、防水性能と脱ぎ履きのしやすさです。

最初の候補は、こちら。

elf

エルフの「シンテーゼ14」というブーツ。

エルフシューズ : elf footwear
ライディングを愛する全てのバイクユーザーへ。elf footwearはライディングに必要な機能はもちろん、安全性も満たしたライディングシューズです。

同じようなデザインで、防水のシンテーゼ14とメッシュタイプのシンテーゼ15があります。

エルフシューズ : elf footwear
ライディングを愛する全てのバイクユーザーへ。elf footwearはライディングに必要な機能はもちろん、安全性も満たしたライディングシューズです。

どちらのモデルとも靴ひもはなくて、スキーブーツのようなバックルで締めこむタイプ。お値段も手ごろですね。

ガエルネ

続いては、イタリアのブーツメーカー「ガエルネ」の「タフギア」。

タフギア ブラウン ジャペックスオンラインショップ(JAPEX ONLINE SHOP)
オフロード系の街乗り、ツーリングに最適。

靴底が平らな「タフギア・フラット」というシリーズもあります。

タフギアフラット ブラウン ジャペックスオンラインショップ(JAPEX ONLINE SHOP)
オンロード系の街乗り、ツーリングに最適。

デザインとしてはこれのブラウンがとてもイイのですが、防水性があまりないようで、残念。

もし、将来、V-Stromのようなアドベンチャーモデルのバイクに乗るなら、「G-MIDLAND GORE-TEX」というモデルがいいなぁ。

でもちょっと高いんですよね~。色も黒しかないのが残念。

Gミッドランド ゴアテックス ジャペックスオンラインショップ(JAPEX ONLINE SHOP)
G-MIDLAND GORE-TEX /ジーミッドランド ゴアテックス 【GAERNE / ガエルネ】 カラー:ブラック

RSタイチ

最後は、RSタイチのブーツ。「DRYMASTER BOA ライディングシューズ」というモデルで、こいつの特徴は、BOAシステムという靴ひもに変わる仕組みが搭載されています。

BOAのダイヤルをくるくる回すと、靴に仕込まれたワイヤーが引っ張られて締まるようになっています。

緩めるときは、BOAのダイヤルを引っ張るだけでロックが解除されて、ワイヤーが緩みます。

防水性能もあってなかなかイイんですが、茶色の色がちょっと明るいのが残念。

なかなか決まらないなぁ。

RSS006 | 006 DRYMASTER BOA ライディングシューズ
【公式】RSS006 DRYMASTER BOA ライディングシューズ | 防水/&#36879...
スポンサーリンク

和休が気になっているブーツはこちら

スポンサーリンク

ブーツが急に必要になりました

コメントをどうぞ!