大阪モーターサイクルショー2019 その1

この記事は約8分で読めます。

3月15日(金)から17日(日)まで、大阪・インテックス大阪にて「大阪モーターサイクルショー2019」が開催されていました。

3月15日、和休は会社を早退し、モーターサイクルショーへやってきたのです。

スポンサーリンク

会場は大阪南港にある展示場「インテックス大阪」です

インテックス大阪

15:00、やっとインテックス大阪に到着しました。

今日は、開催日初日で金曜日なので少しは空いているだろうと思い、仕事を早退してやってきたのです。 ですが、会場は17:00までなので、大急ぎで回らないといけません。

インテックス大阪のバイク駐車場

インテックス大阪のバイク駐車場です。今日は、まだ余裕がありますね。

CB1300P

会場入口前には、大阪府警の白バイホンダ・CB1300Pが展示されていました。

和休は、コンビニで前売りチケット(1,300円)を購入してきましたので、入口でスタッフにチケットを見せ入場です。

そうそう、和休は旅好きライダーなので、旅バイクを中心に見ていますよ。

スポンサーリンク

旅ライダーならまずTANAXのブースへ

TANAXのブース
TANAXのブースです

まずやってきたのは、バイクに装着するバックなどのアクセサリーを販売している、TANAXたなっくすのブースへやってきました。

TANAXのブース

新製品、「ライトスポルト」シリーズのバッグを装着したCB400SFが展示されていました。

ハンドルにには、熱対策のため空冷機能を搭載した、市販予定品のタブレットケースが装着されています。今日は、タブレットではなく、ツーリングマップルが入っていました。

これは、「デジケースマウント」という商品だそうで、タブレットサイズとスマホサイズが用意される予定です。

中の人曰く、現時点ではステーの振動対策をもう少し改善する必要があるそうですが、スマホの熱暴走で悩まれているライダーにはいいのではないでしょうか。

TANAXのブースにあったセロー
「キャンピングシェルシートバッグ」 中身は小川テントw

セローに装着されているのは、これも市販予定品の「キャンピングシェルシートバッグ」です。45Lで結構大きめですが、細身のセローに装着しても違和感はありません。

天板は上に荷物を積むことを想定し、傷が目立たないような仕上げにしたそうです。

このバッグは、天板を開くとなんとテーブルになるという、キャンプにはもってこいの仕様になっています。

もらえるかな、と思っていたTANAXのフラッグは開会早々に無くなってしまったそうですが、代わりにカタログとステッカーをいただきました。

スポンサーリンク

カワサキのブース

カワサキのブース

続いて、カワサキのブースへやってきました。

お立ち台には、VERSYS1000SE、W800、ZX-6Rと、2019年モデルがずらり。特にVERSYS1000は回転するステージに展示され、主役の扱いでした。

新装備のバンク角連動コーナリングライトは、点灯するように展示されていました。

Ninja H2 CARBON
Ninja H2 CARBON

ステージ前には、実際に跨れるバイクが並べられています。

スポンサーリンク

ホンダのブース

隣にあった、ホンダのブースへやってきました。

CB1300SB SP

CB1300スーパーボルドールに、高性能なブレーキとサスペンションを与えたSPと呼ばれるモデルが展示されていました。カラーリングもスポーティですね!

CRF1000L Africa Twin

CRF1000L Africa Twinです。直列2気筒998ccエンジンを搭載したアドベンチャーモデルです。

アフリカツイン・アドベンチャー・スポーツ

展示されているモデルは、「アドベンチャー・スポーツ」と呼ばれるもので、

  • 24Lの大型燃料タンクを搭載(標準車は18L)
  • 大型スクリーン
  • ボディを保護するバンパー
  • エンジン下部を保護する大型スキッドプレート
  • リアキャリア

が装備されています。

アフリカツイン・アドベンチャー・スポーツのメーター
アフリカツイン・アドベンチャー・スポーツのメーター

実際にまたがってみました。24Lという大型燃料タンクを搭載していて、タンク幅が広く、ライダーの体格を選ぶバイクかもしれません。

ですが、このバカでかいバイクに跨ると、どこまでも、どんな道でも進んでいけそうな気がしてきます。

スポンサーリンク

ヤマハのブース

YZF-R25 2019
YZF-R25 2019年モデル

ヤマハブースへやってきました。ブース前には、3月28日にマイナーチェンジして発売するYZF-R25が展示されています。

ヘッドライトはLED、ライトの間にはエアインテークが装備され、モトGPマシンであるYZR-M1のイメージを引き継いでいます。

かっちょいいですね。細部まで上質に仕上がっていて、250ccのバイクとは思えない質感です。

ヤマハだけではありませんが、これまでエントリーモデルと言われてきた250ccのバイクもどんどん上質な質感をまとうようになりました。クラスを感じさせない仕上がりになっていますね。

むちゃを言いますが、お値段の方はできるだけ据え置きでお願いしたいところです。

NIKEN GT

NIKEN GT
NIKEN GT

前2輪のLMW、NIKENナイケンです。排気量は845cc。

LMWとは、リーニング・マルチ・ホイールの略で、「タイヤがいっぱいあるけどリーン(バンク)する車両やで」という意味です。

後ろ2輪のトライクと呼ばれる車両はリーンしませんが、NIKENはリーンします。 操作がバイクに近いので、バイク免許でないと運転できません。

お立ち台に展示されているのは、ツーリング装備をまとったGTというモデルで、

  • 大型スクリーン
  • グリップヒーター
  • GT専用シート
  • GT専用グラブバー(オプションのトップケース対応)
  • 12V出力端子
  • センタースタンド

を装備しています。

海外モデルではパニアケースは標準装備ですが、日本仕様はオプションとなっています。

NIKEN GTのメーター
NIKEN GTのメーター

展示車両に跨ってみました。前2輪というだけあって、フロントのボリュームはこれまでのバイクにはないものです。

シート付近は普通のバイクと同じなので、足つきはバイクと同じぐらい。ただ、NIKENの後ろ半分はMT-09に近いので、シート高はやや高めです。展示車両は約15mmローダウンしてありました。

今年5月には、箱根ターンパイクと比叡山ドライブウェイで試乗会が行われるので、興味のある方は参加されてはいかがでしょうか。

TRACER900GT

TRACER900GT
TRACER900GT

和休が、今バイクを買い替えるとしたらと仮定すると、候補にあがるのはスズキ・V-Strom650とこのTRACER900です。

展示されていたのはGTというツーリング装備をまとったモデルで、標準モデルから

  • フルアジャスタブルフロントフォーク
  • プリロードのリモコン機能を搭載したリアサスペンション
  • フルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイ
  • クルーズコントロールシステム
  • グリップウォーマー
  • クイックシフター(シフトアップのみ)

これらの点が変更されています。 これで、パニアケースが標準装備だったらよかったのに。

TRACER900GTのメーター
TRACER900GTのメーター

TRACER900GTに跨ってみました。フルカラーの液晶メーターには、様々な情報が表示されています。

タンク幅が結構広いので、足は広がり気味になりました。ただ、足つきに影響するあたりの車体幅は抑えられています。

TRACER900GTの魅力は、この上質感ですね。装備の割に、お値段はお買い得感のある税抜 1,110,000円。

和休の気になるところは、ハイオク仕様であることと、カラーメーターは強い日差しでもみえるのかな?とか、いい部品を使っているので壊れたとき部品代が高そうだな、というところですね。

ヤマハの中の人とお話しできたのですが、 TRACER900用のパフォーマンスダンパーが発売予定だそうです。セローなど、これまで発表された車種では、おおむね高い評価を得ています。

ヤマハの旅バイク

クラッチレスのFJR1300ASです。高速道路を多用したツーリングでは、無敵の快適性でしょうね!

ブースの奥には、キャンプツーリングをイメージした展示がされています。

新型セローも、キャンプが似合うようにカスタマイズされています。荷台に積んでいるのは、TANAXのキャンピングシートバッグ2でしょうか。

市販されている特別仕様車かと思ったのですが、モーターサイクルショー用に作成した1台のようですね。

デジタル迷彩と各部をブラックアウト。ネオンイエローのワンポイントがめちゃくちゃ似合います。

YAMAHA オーセンティックカラーのヘルメット

キャンプゾーンの隣には、ワイズギアのブースがあり、オーセンティックバージョンの品々が展示されていました。

MT-07オーセンティック

MT-07のオーセンティック外装装着車です。オーセンティックモデルは数台置いてありましたが、和休はこのモデルが気に入りました。


長くなってきたので、今日はここまでです。その2へ続きます。

コメントをどうぞ!