Givi E52をちょっぴりイメチェン

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

和休のバンディット1250Sには、Giviのトップケース E52を装着しています。

GIVI E52を装着したBandit1250S

初めて装着したときから思っていたのですが、アクセントになっている銀色のモールが気になりました。

黒色に塗ろうかと考えていたのですが、このサイズのものを塗装するとなると手間もかかるし、もしイマイチだったらイヤだなと思っていました。

ふと、カッティングシートでやってみたらどうだろう、と思いついたので、早速やってみることにしました。

スポンサーリンク

屋外用のカッティングシートを入手する

ホームセンターコーナンのカッティングシート売り場

カッティングシートを買いに、ホームセンターコーナンにやってきました。

ちょうど、屋外用のものがあったのでそれを10cm買いました。伸びる素材なので曲面にも貼りやすいそうです。

では、トップケースに貼り付けていきましょう。

スポンサーリンク

トップケース Givi E52に貼り付ける

記事を参考にされることは構いませんが、故障、事故、怪我等の危険性があります。
このようなトラブルに対し、和休は一切の責任を負いません。
自己責任で行ってください。

カッティングシートを貼り付けたところ

幅5cm、長さ35cmにカットし、曲面に沿うように指で伸ばし伸ばしながら貼り付けていきます。このカッティングシートはいい感じに伸びてくれるので、施工しやすかったですね。

カッティングシートを貼り付けたところ

反対側も同じように伸ばしながら貼り付けていきます。

カッティングシートの縁は、部品の隙間に押しこんでから、はみ出たところはカッターナイフで取り除きました。

施行後のバンディット1250S

出来上がり!

スポンサーリンク

ビフォーアフター

施行前のバンディット1250S
施行前のバンディット1250S
施行前のバンディット1250S
施行後のバンディット1250S
施行後のバンディット1250S
施行後のバンディット1250S

施行後のバンディット1250S

うまく貼れたように見えるでしょうが、一か所失敗しています😅

施行後のバンディット1250S

サイドにある銀色のモールはそのまま残しました。

どうでしょう。一体感が出たというか、のっぺりしたというか。車体色に近い青色を選べばよかったのかな?

ただのお飾りのパーツだったのですが、デザイン的には重要なパーツだったのですね。

流石イタリアンデザイン(; ・`д・´)

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました