アライ・ツアークロス3をターミネーター仕様にしたぞ

#アライヘルメット #ツアークロス3 #ターミネーター

DJEBEL200を購入したときに、バイクに合わせてヘルメットをアライ・ツアークロス3にしたのです。

アライヘルメット ツアークロス3 購入
ツアークロス3を購入しました 新しいヘルメットは何がええやろか?でジェベル200にはどんなヘルメットが似合うか妄想する記事をアップしましたが、結局、アライヘルメットのツアークロス3を購入しました。 あの記事では、「デツアー」とい...

 

これは、オフロードヘルメットだけどシールドが装着されていて、オフ車でのツーリングには最適なヘルメットです。
バイクをBandit1250Sに乗り換えたので、ツアークロスからバイザーを取り外し、ターミネーター仕様に変更してみました。

TOUR-CROSS 3

 

ターミネーター仕様とは

ターミネーター仕様とは、ツアークロスからバイザー部分を取り外した状態のことを言います。

そもそも「ターミネーター仕様」とは、アメリカで生まれたバイクレースの一つに「スーパーバイカーズ」というものがあります。オンロードもオフロード関係なく一番速いのは誰?を決めるレースで、コースはオンロードとオフロード、どちらもあるのです。

このレースで勝つために開発されたのが、オフロード車をベースに改造されたバイク。「ターミネーターズ」と呼ばれました。

そんな訳で、オフロードヘルメットだけどオンロードにも使えるよ!ということで、ターミネーター仕様と呼ぶようになったのではないでしょうか。

Before

では、ツアークロス3からバイザーを取り外します。取り外した後は、TXホルダーというホルダーを装着して、シールドを装着します。

 

こちらがTXホルダーです。

TXホルダー

和休のツアークロス3は、「グラスホワイト」というパール塗装のような仕上がりの塗装です。TXホルダーは、ヘルメットの純正色に合わせて何種類か販売されていますので、お好みのものをどうぞ。

ちなみにこれ無しにバイザーを装着しようとすると、バイザーの動きが悪くなるそうです。

TXホルダーの定価は1,500円なのですが、せっかく色々なスタイルが選べるツアークロス3なのだから、オプションではなく標準装備品にするか、TXホルダーのいらない造りにしてほしいところです。アライヘルメットさん、よろしくご検討ください!

 

アライ・ツアークロス3のバイザーを留めているプラスチックビスをゆるめる

バイザーはプラスチックのビスで、左右2本ずつで留められています。

 

コインドライバーで緩める

普通のマイナスドライバーだと、ネジ穴がぶかぶかです。取扱説明書にもコインで外すと指示がありますが、和休は、アストロプロダクツのコインドライバーで取り外しました。

After

出来上がりました。特徴のある口元以外は、普通のオンロードヘルメットのようになりました。

バイザーがヘルメット本体にすれていたようで、すこしキズがありました。ターミネーター仕様になると目立つので、困ったもんです。

左右にBeforeとAfterを並べてみました。

 

取り外したアライ・ツアークロス3のバイザーとコインドライバー

取り外したアライ・ツアークロス3のバイザーと、取り外しに使用したアストロプロダクツのコインドライバー

和休が思うツアークロス3の○と×

○なところ(´▽`)

  • 塗装がいい(海外では高級ヘルメットらしい)
  • 口元はオフロードヘルメットなので、空間が広く、呼吸が楽に感じる
  • 口元のエアインテークが多く、夏でも快適
  • 冷感内装なので、夏でも(ちょっと)快適
  • 下アゴで支える仕組みなので、被っているときに軽く感じる
  • シールドを外してゴーグル仕様にすれば、本格的なオフロード走行もできるし、バイザー+シールド仕様にすればオフロード車や今はやりのアドベンチャー車でのツーリングにもばっちり
  • ターミネーター仕様は、特徴的なシルエットなので目立つ
  • バイザーはまぶしい西日のカットにも効果的
  • エマージェンシータブ(緊急時にヘルメットを脱がせやすくする仕組み)がある

×なところ(;・∀・)

  • 普通のフルフェイスヘルメットに比べると、口元が伸びているのでデカい
  • TXホルダーがオプションなので、ターミネーター仕様にするとき費用が掛かる
  • シールドの下半分が強く曲がっているので、視界がゆがむように見える
  • 内装の一部が外せない

コメントをどうぞ!