夏のツーリング用にメッシュライディングブーツを買いました

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

さて、どんなライディングブーツを買おうかな?と思っていた和休ですが、先日の日曜日、バイクに乗っていた時のこと。

信号待ちで左足をついたところ、ズルっと滑ったのです。

幸い、ちょっと滑っただけですんだのですが、バイクを降りてブーツの底を確認してびっくり。

なんと、底がはがれているではないですか。

底がはがれてしまった作業靴
ナンテコッタイ😱

まぁこの靴はすでにボロボロなんで、そろそろ引退させようと考えていましたが、これではバイクに乗るのは危険なレベル。

次の靴をゆっくり考えようと思っていたのですが、次のツーリングに間に合うように手配しなければいけなくなりました。

昨日の記事では、脱ぎ履きがしやすくて防水性能のあるブーツ、を考えていたのですが、あれこれ調べてみると防水性能の高いブーツはムレるようです。

そら、ゴアテックスのような素材をつかっていればいいんでしょうが、そんなブーツ、今の和休には手が届きません。

コミネ JK-113 ザネ

そこで、夏専用のブーツということで、先日購入したコミネのジャケットに合うようなブーツを購入することにしました。

和休が購入したブーツは、南海部品の「NS-35 BREEZTECH-2 ライディングシューズ」というもの。

ジャケットに合わせて、ホワイト/レッド色を買いました。

NS-35 STREAM BREEZTECH2 ライディングシューズ - 南海部品カタログサイト
●メッシュ部分の面積が大きく快適な通気性を確保。内部のムレを防ぐ。 ●シューレース先端は足首の面ファスナーと固定できる。シューレースをスマートに収めてゆるみにくい。 ●かかと部分に反射素材を使用。夜間の被視認性を向上。 ...

決め手は、脱ぎ履きがしやすそうなところ。

エルフのシンテーゼ14のようなバックルで固定するのではなく、靴ひもタイプなんですが、クイックリリースできる造りになっていて、余ったひもはベルクロでまとめることができます。

メッシュタイプの生地でできているので、ムレずに涼しそう。

次のツーリングは、こいつを履いて楽しみたいと思います。

コメントをどうぞ!