エンジンのカチャカチャ音をなんとかしよう!カムチェーンテンショナー交換、スロットルボディ清掃など

和休のBandit1250Sは67,000kmほど走行している車体だからでしょうか、エンジンからときおりカチャカチャ音がします。

これについては、カムチェーンテンショナーという部品を交換することで改善するかもしれないということで、交換してみることにしました。

カムチェーンテンショナーとは、カムチェーンの張り具合を調整する部品です。

カムチェーンとは、エンジンの燃焼室の上にあって、吸気と排気を制御するカムシャフトという部品を駆動するためのチェーンです。

カムチェーンの張り具合は、カムチェーンテンショナーによって自動的に最適な張り具合に調整されるのです。

カムチェーンテンショナーはバネの力でチェーンを張っているのですが、経年によりバネがへたってくると、チェーンの張り具合を制御できなくなり、エンジンの異音につながります。

また、Bandit1250Sファーストインプレッションでも書いたように、和休のBandit1250Sは、たまにアイドリングが不安定になる不具合があります。

バイク屋さんに相談すると、スロットルボディを掃除したら改善するのでは、とのことです。

スロットルボディとは、エアクリーナーとエンジンの間にあって、アクセルに連動して開閉することで、エンジンに送りこむ空気の量を制御する部品です。

Bandit1250Sのスロットルボディ

エアクリーナー側からスロットルボディをのぞいたところ

エアクリーナーを通ってきた空気は、インジェクターが吐きだすガソリンと混ざり合わってエンジンに送り込まれて行きます。

ところが、エンジン内で燃焼した燃えカス(カーボン)が逆流することがあり、これがスロットルボディに付着することで設計通りに開閉しなくなり、アイドリングが不安定になるなどの症状が出ます。

Bandit1250Sのスロットルボディ

エンジン側からスロットルボディをのぞいたところ。カーボンが付着しているのが分かります。

定期的に、掃除することが必要な部品なんですね。

Bandit1250Sのカムチェーンテンショナーはエンジンの中央部分にあり、交換するには燃料タンクやスロットルボディあたりをごっそり取り外す必要があるので、一緒にやってみることにしました。

修理場所へ出撃!

アドレスV125のトップケースを装着したBandit1250S

工具などを積んでバイク屋さんに出発します。

今日は、アドレスV125のトップケースを拝借して、Bandit1250Sに装着しました。

 

記事を参考にされることは構いませんが、故障、事故、怪我等の危険性があります。このようなトラブルに対し、和休は一切の責任を負いません。自己責任で行ってください。

 

スロットルボディを外す

タンクを外した後、いよいよスロットルボディを取り外します。あらかじめ、アクセルワイヤーは緩めておきましょう。

Bandit1250Sのインジェクションユニット

スロットルボディを車体左側からみたところ

まず、スロットルボディを取り外します。繋がっている配線や配管を外していきます。

 

Bandit1250Sのインジェクションユニットのカプラーを外したところ

繋がれているカプラーを取り外します。

 

Bandit1250Sのインジェクションユニットのビス

続いて、エンジンと接続しているクランプを緩めます。こいつが上手くできていて、1番シリンダーと2番、3番と4番が連結されていて、同時に緩むようになっています。

 

Bandit1250Sのインジェクションユニットのビス

エアクリーナーボックス側です。こちら側は一つずつ緩めます。

エアクリーナーボックスとスロットルボディが分離したら、エアクリーナーボックスを車体後方へ押し下げます。

 

Bandit1250Sのインジェクションユニットを外したところ

全ての配線や配管が外せたら、アクセルワイヤーを手繰り寄せ、スロットルボディを車体右側へ押し出します。

 

Bandit1250Sのインジェクションユニットを外したところ

この状態で、スロットルボディを清掃することにしました。

あとアクセルワイヤーを外せば、完全に車体から分離する状態です。

 

Bandit1250Sのスロットルボディ

スロットルボディをエンジン側からみた所です。カーボンが付着して茶色くなっています。

エンジンクリーナーを吹きかけると、面白いようにカーボンが落ちます。

 

ついでにエアクリーナーを交換

エアクリーナーボックスが外れているので、いつ交換されたか分からないエアクリーナーを交換することにしました。

Bandit1250Sのエアクリーナーの蓋

Bandit1250Sのエアクリーナーボックスの後側は奥の方でネジが止められているので、長いプラスドライバーが必要です。

 

Bandit1250Sのエアクリーナーの蓋を留めるビス

でもここまでばらせていたら、普通のプラスドライバーで緩めることができました。

 

Bandit1250Sの汚れたエアクリ-ナー

蓋は全て取り外さずに、すきまからエアクリーナーエレメントを取り出しました。

 

Bandit1250Sの汚れたエアクリ-ナーと新品のエアクリーナー

いうまでもなく、左側が新しいエアクリーナーエレメントです。

 

いよいよカムチェーンテンショナーを交換します

続いてカムチェーンテンショナーの交換に移ります。

カムチェーンテンショナー

カムチェーンテンショナーはこちらの部品です。

まず、頭の黒いビスを緩めます。このビスの下にはバネが仕込まれているので、気を付けて取り外してください。

取り外せたら、六角レンチでカムチェーンテンショナーを取り外します。

今日はASSYで部品を注文していたので、元のように組み立てて、取り外したのと逆の手順で装着しました。

 

試乗して出来上がりを確認

出来上がったので、早速試乗してみます。

アイドリングはピタッと安定するようになりましたが、エンジンからのカチャカチャ音は、残念ながら改善しませんでした。


 
2018年8月25日 67,730km
  • カムチェーンテンショナーASSY交換
  • エアクリーナーエレメント交換
  • スロットルボディ清掃

 

コメントをどうぞ!