フロントのブレーキパッドをベスラ製へ交換

Bandit1250Sが我が家に来たとき、各部のチェックを行いました。

Bandit1250S乗り出し整備
さて、先月我が家にやってきたBandit1250Sですが、現状渡しの個人売買で購入したので乗る前には色々と整備が必要です。一気に片づけるのは大変なので、少しずつ片づけていきましょう。

 

そのとき、フロントブレーキのパッド残量は、約2.4mm。急いで交換しなくてもいいけど、早めに交換した方がいいかな、といった状況でした。

Bandit1250Sフロントブレーキパッドの厚みチェック

 

じゃあ、交換するブレーキパッドを何にしようかというところで少し悩みました。

そこで、歴代のバイクに入れたブレーキパッドをふりかえってみることにしました。

  • CB400SF デイトナ・赤パッド
  • GPZ1100 ベスラ・メタルパッド
  • ADDRESS125G 純正パッド
  • DJEBEL200 純正パッド
  • BRONCO デイトナ・赤パッド

純正品又はデイトナの赤パッドを選んでいますね。

DAYTONA デイトナ/赤パッド
DAYTONA デイトナ/赤パッド GPZ900R

そこで純正品と赤パッドとのどちらかにしようと思っていたのですが、ふと、GPZ1100に装着していたベスラパッドの使い心地を思い出したのです。

GPZ1100の車両重量は約260kgで、Bandit1250Sとほぼ同程度。

長距離でも悪天候下の走りでも、不満のない効きでした。

それに和休は、制動力がすばやく立ち上がるタイプより、レバーの握り具合によって効いてくる方が好みで、ベスラのメタルパッドの効き具合は、どちらかというと後者のように思いました。

悩んだ末、結局、ベスラのメタルパッド「VD-344JL」を購入することにしたのです。

ベスラによると、VD-JLシリーズは

  • ワンランク上の制動力と耐久性
  • 雨天時でも性能が落ちない全天候型
  • 高いコントロール性
  • 高温域での高い制動力
  • ステンレスローター専用
  • ローターダメージが少ない
  • じわっと止まる制動力(レバーを握っただけ止まる)

ベスラHPより引用しました。

という性格なので、和休の求める性能にピッタリですね。

 

フロントブレーキパッド交換

記事を参考にされることは構いませんが、故障、事故、怪我等の危険性があります。このようなトラブルに対し、和休は一切の責任を負いません。自己責任で行ってください。
ベスラのブレーキパッド

注文したベスラのメタルパッドが届きました

 

Bandit1250Sをセンタースタンドで立てた後、左前のキャリパーから取り掛かることにしました。

Bandit1250Sの左フロントキャリパーを外したところ

外したキャリパーは、針金ハンガーでウインカーにつるしておくと、ホースに負担がかからなくていいです。

 

取り外す前のブレーキパッド

ブレーキパッドの残量はこんな感じ

赤丸の部分ですが、もうすこしパッドが減ってこの穴まで達すると、溝となってパッド表面に現れてくることで、摩耗の限界を知らせてくれます。

 

取り外したBandit1250Sのブレーキパッド

取り外したブレーキパッドです

 

ブレーキパッドの角を落とす

新しいパッドは、面取りをしておきます。これをしておくと、ブレーキ鳴きを防ぐ効果があると言われています。

新しいパッドをキャリパーに装着する前に、ブレーキピストンを掃除してシリコングリスを塗布しておきました。

 

ネジ焼付防止剤アンチ・シーズ

ブレーキピストンが当たる部分などには、パッドグリスを塗りますが、今回はこれを塗布しました。

 

ベスラのブレーキパッドをキャリパーにセットしたところ

パッドピンはパーツクリーナーできれいにした後、塗っておきます。

 

Bandit1250Sの右フロントキャリパーを外したところ

左側ができたら、右側に取り掛かります。

右側には、ABSのセンサーがあるので、取扱いには注意しましょう。磁力が発生しているので鉄粉などを吸い寄せてしまいます。

装着前には、きれいにしてから組み付けましょう。

ブレーキパッド交換完了

(安物ですが)トルクレンチを使用して、最終締め付け。

締めこんだ後は、締め忘れが無いように、マーキングを。

 

ブレーキフルード交換

お次はブレーキフルード交換です。

Bandit1250Sのブレーキマスター

作業前のブレーキマスター

 

フルードは、ホームセンターにもよく置いてあってわりと入手しやすい、ホンダのブレーキフルード DOT4を選びました。

HONDAのブレーキフルード

お馴染みの缶ですね

 

和休、ABS装着車のブレーキフルード交換はやったことが無いのです。作業するに当たり本やネットで調べてみましたが、どうやら一般的な方法で良さそうです。

というわけで、いつも使用しているフルード交換用のシリンジ(注射器)と耐油ホースを持ってきました。

ブレーキフルード交換用の注射器

注射器をブレーキキャリパーにセットしたところ

こんな感じでキャリパーに装着して吸い出していきます。

 

汚れたブレーキフルード

ブレーキフルードのタンクを開けてみました。真っ黒です。

スポイトなどで古いフルードを吸い取り、新しいフルードを注入しキャリパー側から吸い出す方式で行います。人によっては、キャリパー側から注入する方が楽だという人もいますので、お好きな方で。

 

シリンジでキャリパーからフルードを吸い出して、減った分をタンクに注入、を数回繰り返し。キャリパーから古いフルードが出てこなくなったら、レバーをにぎにぎしながらエア抜きを行います。

他車種ですが、ABSユニットに入り込んだエアが抜けにくい、なんて話を聞いていたのですが、わりとあっさりエア抜きが完了しました。

 

クラッチフルード交換

続いて、クラッチフルードを交換します。

Bandit1250Sのクラッチマスター

作業前のクラッチマスター

 

油圧クラッチなんて、GPZ1100以来なので、ちょっとどきどきしながら作業を始めます。

 

クラッチのカバーを外す前

Bandit1250Sのクラッチレリーズシリンダーはこのカバーの中にあります。

クラッチレリーズシリンダーとは、クラッチレバーが繋がっているクラッチマスターシリンダーの油圧によって作動するピストンのことで、ここが動くことでクラッチが切れます。

 

クラッチのカバーを外したところ

カバーを外しました。シフトのリンクがこんな感じで走っています。

Kawasakiとは大きく異なる造りですね。

 

クラッチのシリンダー

クラッチレリーズシリンダーはここです。指をさしているところがニップルです。ここに耐油ホースとシリンジを接続します。

 

あとはブレーキ側と同じようにシリンジでキャリパーからフルードを吸い出して、減った分をタンクに注入、を数回繰り返し。

古いフルードが出きったら、クラッチレバーをにぎにぎしてエア抜きを行います。

リアブレーキフルード交換

最後は、リアブレーキです。

Bandit1250Sの場合、車体右側(マフラーのある側)のサイドカバーを外したところにフルードの入っているタンクがあります。

 

Bandit1250Sのリアブレーキマスター

 

あとは、フロントと同じようにキャリパーから吸出し、新しいフルードを足してエア抜きして完了です。

左手でシリンジをもち、右手でキャリパーのニップルを緩め、右足でペダルを操作するという、あまり人には見られたくない恰好だったのは内緒です。

ブレーキフルードを扱った後は、必ず洗車しましょう。 ブレーキフルードは塗装を傷める性質があります。水には良く溶ける性質なので、水で流すだけで防ぐことができます。 また、できるだけ湿度の低い日に行うことをお勧めします。
 

おまけ

ブレーキオイルではなくて、ブレーキフルードなの?と思った方もおられるかもしれません。

油圧系統の作動油を「フルード」と言うそうですよ。

今回使用した用品はこちら

Vesrah ベスラ/メタルパッド シンタードブレーキパッド
Vesrah ベスラ/メタルパッド シンタードブレーキパッド Bandit

HONDA ホンダ/ウルトラBF ブレーキフルード DOT4 【0.5リットル】
HONDA ホンダ/ウルトラBF ブレーキフルード DOT4 【0.5リットル】

DAYTONA デイトナ/パーマテックス アンチ・シーズ
DAYTONA デイトナ/パーマテックス アンチ・シーズ

ACTIVE アクティブ/エア抜きポンプ チューブ付
ACTIVE アクティブ/エア抜きポンプ チューブ付 汎用


2018年9月19日 67,756km

  • フロントブレーキパッド交換 ベスラVD-344JL
  • 前後ブレーキフルード交換
  • クラッチフルード交換

 

コメントをどうぞ!