ロングセラーには理由がある!ユニコン・カークリームを使ってみたで

ユニコン・カークリームというクリーナー兼カーワックスをご存知でしょうか。

たしか昭和34年頃から発売されている、ロングセラー商品なんです。

パッケージはこちら。

ユニコン・カークリームの箱

レトロですねー。かつての「おフランス製」を感じさせる、かなりいい感じです。

こんなデザインですが、現在も生産されている現役バリバリの商品です。

ロングセラーですが、あまり見たことはないんじゃないでしょうか。それもそのはず、ホームセンターやカー用品店に置いていることはまずありません。

ヤマハのオプションを販売している「ワイズギア」で、純正ワックスとして取り扱われているんですね。

カークリーム
効果も実証済。安心の純正ケミカル。

 

「一度使いだすと手放せない」という評価もあるこのロングセラーな逸品、試してみたくなって、購入してみたというわけなんです。

 

ユニコン・カークリーム

箱から取り出しました。

まるで、じいちゃん家のガレージに置いてありそうなケミカルですな。

 

ユニコン・カークリームの注ぎ口

容器の形は三角形になっています。

車のトランクに放り込んでおいても、ゴロゴロ転がらないようにこんな形になっているそうです。

キャップはなくて、上の白い注ぎ口がキャップの機能を持っています。緩めてそのまま使えるようになっているんですね。

 

ユニコン・カークリームの製造元

なんと、地元メーカーさんだったのですね。

 

ユニコン・カークリームをウエスに取ったところ

ペーパーウェスに取り出してみました。

灯油が含まれているので、油くさい香りが漂います。いかにも効きそうな香りです。

 

早速タンクに塗ってみました。

伸びも良くて、少量で広い面積を塗ることができます。

うすーく塗り広げたら、きれいなペーパーウェスでふき取ります。

ユニコン・カークリームを塗って磨いたところ

こんな感じになりました。

デジカメだとよく分かりませんが、油性ワックス特有の、てかっとぬめっとした艶がたまりません。

天然カルナバロウが含まれていて、手触りもつるつるです。

 

ユニコン・カークリームを塗って磨いたところ

プラスチックでできている、トップケースにも塗ってみました。

いい艶がでています。

 

油性なので、油が混ざっている汚れ落としには最適です。

バイクはリアホイールがチェーンオイルで汚れやすいのですが、これでふき取ると綺麗に落ちるし、コーティングもされて汚れがつきにくくなるそうですよ。

コメントをどうぞ!