Nov. 23, 2021 宮崎カーフェリーで行く南九州ツーリング Day1【みやざきエキスプレス乗船記】

スポンサーリンク

以前、「神様がくれた長いお休み【リフレッシュ休暇妄想記】」という記事で、職場からリフレッシュ休暇がもらえるという話を書きました。

和休の場合、バイクツーリングしか考えられない、というわけでもなく、ツーリングと最後まで迷ったのが、JALが企画している「ホッピングツアー」です。

これは、鹿児島・沖縄の島々を、プロペラ機でもって文字通りホッピングのように訪れる、という一風変わったツアーです。

残念なことに、2022年3月にJALの国内パッケージツアーが廃止されたことに伴い、ホッピングツアーは廃止されてしまったのですが、弾丸旅が好きな和休としては、大変魅力的な旅程でありました。

代わって、決め手になったのは、宮崎カーフェリーが販売していた「ツーリングプラン」です。

【公式】宮崎カーフェリー - 九州の宮崎と関西の神戸を結ぶ宮崎カーフェリーの公式サイトです。マイカーやオートバイでの乗船も可能。ファミリー向けや大学生向けのお得なプランもご用意しております
九州の宮崎と関西の神戸を結ぶ宮崎カーフェリーの公式サイトです。マイカーやオートバイでの乗船も可能。ファミリー向けや大学生向けのお得なプランもご用意しております。

なんと神戸←→宮崎の往復切符とバイク運賃を含めて20,000円という超破格のツアーが販売されていました。これはもう、フェリーに乗って九州を巡りなさい、と言われているようなもの。

コロナ禍真っ只中なのが残念ですが、感染しない・感染させないことに気を付けて、出かけることにしました。 

スポンサーリンク

宮崎カーフェリーで南九州へ出発

神戸三宮フェリーターミナルの入口

神戸には長距離フェリーが発着するターミナルがいくつかありますが、宮崎カーフェリーは神戸税関の奥、「神戸三宮フェリーターミナル」から出港します。

なお、この港は香川県・高松港や小豆島・坂手港をつないでいる「ジャンボフェリー」が発着する港でもあります。

株式会社神戸フェリーセンター(ジャンボフェリー/宮崎カーフェリー/フェリーさんふらわあ)
株式会社神戸フェリーセンターです。神戸と...
みやざきエキスプレスの乗船口

17:48、港の係員に誘導され、みやざきエキスプレスのすぐ横に駐車。受付で乗船手続きを行います。

乗船手続きには車検証が必要なので、すぐ取り出せるところに仕舞っておくのが良いでしょう。

出航までまだ少し時間がありますので、待合室で時間をつぶしてみます。

宮崎カーフェリーの待合室

神戸三宮フェリーターミナルは、以前、改修工事を行っていましたが、すでに終わっていたようです。

1Fが受付になっており、乗船手続きを行います。コロナ禍なので、検温と体調のチェックがありました。写真は3Fの待合室です。

宮崎カーフェリーの待合室

待合室から外に出ることができました。

みやざきエキスプレス

目の前にはこれから乗船するフェリー、「みやざきエキスプレス」が停泊しています。期待で胸が高鳴ります!

スポンサーリンク

いざ乗船

みやざきエキスプレスに乗船するところ

案内放送があり、いよいよ船に乗り込む時間になりました。

宮崎カーフェリーは港との段差も少なく、滑りそうなスロープでもないので、緊張せずに乗り込むことができました。

船内では係員の指示に従ってバイクを停車。ハンドルロック、ギアを1速に入れてサイドスタンドをかけます。

バンディットから荷物を降ろす準備をしている間に、係員が手慣れた手つきであっという間にバンディットを固定してくれました。

荷物をもってエレベーターに向かいます。そうそう、航行中は車両甲板(車両を置いてある場所)には入ることができません。忘れ物の無いように気を付けましょう。

スポンサーリンク

本日の寝床は2等寝台

みやざきエキスプレスの船内

エレベーターで3Fにやってきました。和休が予約しているのは2等寝台。

みやざきエキスプレスの客室は、一番安価な2等は雑魚寝部屋。その次が1部屋に12台のベッドが並んでいる2等寝台です。かつてのブルートレインのB寝台車のような感じですね。

2等寝台は4Fにありますが、部屋がわからないので3Fの案内所へ参ります。

みやざきエキスプレスのロビー

売店やレストランのあるロビーに案内所があります。

みやざきエキスプレスの船内

階段を上って4Fへ。2等寝台室が並ぶ通路にでます。

みやざきエキスプレスの2等寝台

和休に割り当てられた部屋はこちらです。通路を挟んで片側6台、計12名分のベッドが並んでいます。

コロナ禍のため部屋の定員を制限しているらしく、同室者は和休の他に2名でした。

みやざきエキスプレスの2等寝台

2等寝台です。ベッドに毛布と枕が置かれています。小物を入れて置ける棚があり、専用の照明があります。

照明にはコンセントがあり、スマホなどの機器を充電することができますが、延長コードがあればなおいいでしょう。

ベッドはカーテンを閉めることで、個人の空間を確保することができます。

スポンサーリンク

船内探検とか

みやざきエキスプレスの船内説明図

出航まではまだ少し時間があるので、お風呂に入りました。

コロナ禍のためお風呂も人数制限が掛かっていました。脱衣室にある棚がすべて埋まっていたら、入ることはできません。

また、サウナが付いているのですが、サウナも使用中止になっていました。

後部甲板

みやざきエキスプレスの船内

風呂上がり。ちょっと暑いので外に出て涼んでみたいと思います。

この廊下の突き当りがドアになっていて、後方の甲板に出ることができます。

みやざきエキスプレスからの神戸の夜景

船はちょうど神戸沖を走っていました。100万ドルの夜景が、視界一杯に広がります。

宮崎カーフェリーのHPから引用

関西から九州へ向かうフェリーと言えば明石海峡大橋をくぐるイベントがありますが、宮崎カーフェリーは瀬戸内海を経由せず太平洋に出ますので、橋をくぐりません。

みやざきエキスプレスから眺める明石海峡大橋

右舷に明石海峡大橋を眺めながら、船は南へと向かいます。

ディナー?

みやざきエキスプレスのロビー

案内所と売店があるロビーに戻ってきました。

みやざきエキスプレスの貸し出し品

案内所では、バスタオルなどを借りることができます。

みやざきエキスプレスの位置

ロビーには、船の位置を示す装置がありました。Windows7で稼働していますw

みやざきエキスプレスの船内

レストランの入口前です。宮崎の観光案内図などが掲示されています。宮崎に上陸する前に、予習ができます。

みやざきエキスプレスのレストランメニュー

レストランのメニューです。和休が申し込んだプランは、夕食バイキングのチケットが1食分ついていますが、帰りのフェリーの楽しみに置いておくことにしました。

和休の夕食

で、これが本日の和休の晩御飯です。久しぶりにカップヌードル味噌味を見つけたので買ってきました。

みやざきエキスプレスの給湯器

4Fに自動販売機が並んでいるのですが、その横に給茶器と給湯器がありました。カップヌードルを買ったものの、お湯が手に入るか不安だったのです。

作戦会議をする和休

食後は、お酒を飲みながらツーリングマップルで明日のルートの予習。

普段飲まないのですが、知人からもらった日本酒のカップ酒を飲んでたらいい感じに仕上がってしまったので、今日は寝ることにしました。

スポンサーリンク

素晴らしい朝が来た

おはようございます。

宮崎カーフェリーは瀬戸内海ではなく四国沖の太平洋を航行するため、揺れるときは揺れるようで、トイレにも「気分悪くなっちゃった」とき用の設備があります。

ですが、昨晩はほとんど揺れを感じることは無く、また、船の振動が心地よく響いたのも相まって、しっかりと眠れたように思います。

和休は夜行列車の旅も好きなのですが、列車はどうしても停車したときに反射的に目を覚ましてしまいます。ですがフェリーは停車することなんてありませんから、ぐっすり眠れます。逆に寝過ごさないか心配になりますね。

夜明けの太平洋

昨晩は日本酒ちゃんに寝かされてしまったので、いつもより早く目が覚めました。後部甲板に出てみると、ちょうど朝日が昇るところでした。

夜明けの太平洋
夜明けの太平洋

見渡す限り一面の海原です。北をよーく眺めれば陸地がわずかに見えますが、360°がほとんど海でございます。

みやざきエキスプレスの朝食

宮崎港に上陸してから朝食を食べようかと思っていたのですが、早起きしてお腹も減ってきたので、船内レストランで朝食を食べました。

旅行先で食べる朝飯って格別旨く感じます。いつもはコーヒーを飲む関係でパン派の和休ですが、旅先ではご飯をがっつり食べます。

スポンサーリンク

宮崎港入港

宮崎港に入港

いよいよ宮崎港に入港します。快適なフェリーの旅ももうすぐ終わり。

今日は少々気温が低いですが天気は良さそうで、絶好のツーリング日和になりそうです。

宮崎港入港動画です
和休のバンディット1250S

音もなく着岸して、下船指示の案内放送を今か今かと待ちます。

ようやく案内があってバンディットの元へ行ってみると、固定は既に解かれていました。

みやざきエキスプレスの船内から出発するバンディット1250S

荷物をトップケースなどに放り込んでエンジンスタート。

みやざきエキスプレスの船内から出発するバンディット1250S

みやざきエキスプレスから下船。いよいよ九州上陸です。

和休、九州は何度か訪れたことはありますが、バイクでは初めて。胸が高鳴ります。

みやざきエキスプレスと和休のバンディット1250S

下船後、みやざきエキスプレスと記念撮影。今日は、ここから北上して熊本県にある通潤橋を目指します。

スポンサーリンク

みやざきエキスプレスについて

みやざきエキスプレスは、2022年4月15日の航海をもって引退しました。

思い出に残る船旅ができました。ありがとうございました。

代わりの船として、翌日から「フェリーたかちほ」が就航しています。

みやざきエキスプレスのスペック

みやざきエキスプレス
総トン数11,931トン
全長170m
27m
深さ20.25m
出力19,800馬力×2基
最大速力26.55ノット
航海速力25.0ノット
最大搭載人員旅客690名、 乗組員42名
車両搭載数トラック130台、乗用車85台

コメントをどうぞ!

  1. 賀茂左近 より:

    こんにちは、
    フェリーに乗ってのバイク旅、憧れです。
    私もいつかフェリー旅をしたいと思います。

    • 和休和休 より:

      賀茂左近さん、初めまして。コメントありがとうございます。
      夜行の中長距離フェリーの雰囲気は、かつての夜行列車のような独特の旅情を誘うものがあり、最高ですね。
      最近の船は、快適な居住空間が安価に提供されるようになりましたし、とてもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました