エアクリーナーエレメント交換

記事を参考にされることは構いませんが、故障、事故、怪我等の危険性があります。このようなトラブルに対し、和休は一切の責任を負いません。自己責任で行ってください。

 

2017年10月27日、BRONCOのエアクリーナーエレメント(フィルター)を交換しました。

BRONCOは8月に購入したのですが、「そういえばエアクリーナー交換していないなぁ。キャブレターの修理云々の前にやっておかないと。」ということでwebikeに部品を注文。

自宅へ届いたので交換してみることにしました。エアクリーナーボックスを開けてみてきれいな感じだったらそのまま閉じて、新しいエアクリーナーは予備にしておくつもりでした。

エアクリーナーエレメント交換作業開始

いつも通り、子供たちが寝静まった夜10時。交換作業を行います。

BRONCOのエアクリーナーエレメントは、左サイドカバーの下に収まっています。

サイドカバーを六角レンチで取り外し、ゆっくり引っ張るとエアクリーナーボックスが出てきました。

 

こんなところにセロー225の刻印がありました

3本の+ネジを外すと、蓋が外れます。

エアクリーナーエレメントが現れました。おや?なんだか様子が変です。

ネットでよくみるセロー225の感じと違います。

そう、エアクリーナーエレメントのフレームがエレメントの上に乗っかっているんですね。

誰や~こんな収め方したの(-“-)

エレメントは袋状になっており、本来はその袋の中にフレームを収めボックスにセットするのです。

外した古いエレメントは、思ったより汚れていなかったしブローバイなどのオイル分の付着はなさそうで、若干パサついた感じでした。

しかし、スポンジがくたびれているように思えましたので、このエレメントは廃棄し、新しいものを装着することにしました。

ボックス内部はメッシュで仕切られています

新しいエレメントにはあらかじめオイルが塗られていましたので、フィルターオイルなどを塗らず、そのまま装着することに。

マニュアルどおり袋状になったエレメントにフレームをセットし、ボックスに収めました。

でけたでけた

あとは、元通り復元して終了。

試運転してみたところ、特に乗り心地やエンジンの感じは変わらないように思えましたが、気分はスッキリしました。


2017年10月27日 53,602km

  • エアクリーナーエレメント交換
  • スパークプラグ交換 NGK DR8EA

 

コメントをどうぞ!