『旅カスタマイズ』その8 パニアケース Givi E22 装着

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

前回、ケースホルダーを純正品からGIVIに取り替えました。

ついに、パニアケース Givi E22を購入しましたので、取り付けです!

スポンサーリンク

開封!

家に届いたGiviの箱
でかいGIVIの箱が届きました❗
家に届いたGiviの箱
早速開封します❗
Givi E22

ぴかぴかのE22が出てきました。今回は、中古品ではなく新品を購入しました。中古品の値段が高かったのと、ケースは違うバイクにも使いまわしが効きますしね。長い目で見てお得かなと。

Givi E22

鍵はケースに刺さった状態でした。

スペアキーはここに

スペアキーは、蓋の裏にテープで貼り付けてありました。なんともイタリアンです。

別に箱には説明書が入っていました

もう一つのケースの中には、紙一枚の説明書が入っていました。

スポンサーリンク

同じ鍵で開くようにセイムナンバーキーセットを使います

セイムナンバーキー

パニアケースの鍵は共通ですが、トップケースとは鍵が異なります。いくつも鍵を持ち歩くのは面倒ですし、ケースを開けようとして違う鍵だったらイラッとしますよね。

そこで、GIVIは「セイムナンバーキー」というものが用意されていて、これを使うことで3つのケースの鍵を同じものにすることができます。

キーシリンダーを交換する、なんて大事のようですが、クリップで留まっているだけので簡単ですよ。

Givi E22のロック部分

これがE22のロック部分です。まずこのカバーを外します。

カバーを取り外したところ
Eリングを外す

次にEクリップを外します。

専用工具がありますが、マイナスドライバーでなんとか外すことができました。

Givi E22のロック部品

Eクリップを外すとキーシリンダーがスポッと外れます。

金属の筒のような部品を外す
金属の筒のような部品を外す

セイムナンバーキーに付属していた金属の筒、スリーブという部品ですが、これをまずセットします。向きを間違えるとキーが回らなくなりますので、気を付けてください。

鍵を差しておく

キーシリンダーの交換ができました。この勢いで、反対側のケースとトップケースの鍵も交換しちゃいましょう。

スポンサーリンク

フルパニア状態のバンディット1250S

フルパニア状態のバンディット1250S
フルパニア状態のバンディット1250S
フルパニア状態のバンディット1250S

前から見ると、ハンドル内に収まってそうですが。

フルパニア状態のバンディット1250S

後ろから。このぐらいの車幅なら、街中でもケースの存在をあまり気にしなくてもよさそう。

フルパニア状態のバンディット1250S

リア回りのボリュームがすごいことになりました。ちょっと、車幅を計ってみましょう。

バンディット1250Sのハンドル幅

ハンドル幅は、780mmといったところ(車検証では790mmになっていました。)。

パニアケースを装着した状態の車幅

パニアケースの後端は約800mmですが。

パニアケースを装着した状態の車幅

一番幅広いところは、930mmぐらいあります。

フルパニア状態のバンディット1250S

実は、心配していたことが一つありまして。それは、この状態でパニアケースのフタが開くのか、ということです。

E22のフタとトップケースのクリアランス

閉めた状態では、指3本ほどの隙間があります。

恐る恐る開けてみると、

E22のフタとトップケースのクリアランス
かわした❗
E22のフタとトップケースのクリアランス

トップケースの底をギリギリかわし、フタが開きました。最も狭い位置では、指1本も入りません。あぶなかった😅

E22のフタを開けたところ

ちなみにフタはここまで開きます。

スポンサーリンク

ケースの取り付けと取り外し

キーをC位置に

ケースをホルダーに装着するときは、キーポジションをCの位置にします。

ホルダーの突起部分にケースの切り欠き部分を合わせて、ホルダーに押し付けて装着できます。

キーをR位置に

反対に外すときはキーポジションをRの位置にします。

キーをR位置に

キーシリンダー部分をぐっと押すと、

E22を取り外したところ

パコンと音がして外れます。

スポンサーリンク

車体カバーに収まるのか?

車体カバーをかけたところ

さて車体カバーはどうでしょうか。

和休の買ったカバーはちょっと大きめのサイズだったのですが、

車体カバーをかけたところ

この通りフルパニア状態のバンディットが収まりました。

車体カバーをかけたところ

バタつき防止のショックコードを巻いて出来上がり。うまいこと収まりました。

次のツーリングはこの状態で出かけ、使い勝手をレポートしたいとおもいます。

スポンサーリンク

今回使用した用品はこちら

MEMO

2020年5月30日 73,064km

  • パニアケース Givi E22 装着

 

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました