もうすぐ15万キロのアルファードに F-ZERO を注入!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

和休の車は、平成20年式のトヨタ・アルファードです。

中古車で購入したのですが、ある日、アイドリングが不安定になる症状が出たのです。

購入したお店に相談して、添加剤やコンピューターのリセット(だったかな?)やらやってもらって、一時は症状が治まりました。

ところが、最近また症状が出てきたのです。

信号待ちでDレンジに入れたままブレーキを踏んで止まっていると、だんだんアイドリング回転が息継ぎしだすようになり、エンジン回転が500回転ぐらいまで下がってしまうのです。

エンストしてしまうことは無いのですが、気色悪いので、評判の良い添加剤を入れてみることにしました。

その添加剤とは、ワコーズのフューエル・ワンという燃料系洗浄剤です。

さらに、フューエル・ワンには中身が同じでちょっとお買い得な商品が存在します。

それが、日産の純正部品ブランドであるピットワークから出ているF-ZEROというものです。

燃料系洗浄剤ピットワークF-ZERO

同じ、と一口に言ってもどのぐらい同じ中身なのかはわかりませんが、ジェネリック医薬品みたいなもんかな、と思っています。

アルファードにF-ZEROを注入

早速、アルファードに注入しました。

ピットワークF-ZEROを注入したときの走行距離

現在、アルファードの走行距離は、149,700km。

フューエル・ワンは、じっくり効果がでてくるそうなので、多分、F-ZEROも同じ感じでしょう。

効果が出るといいんですけど。

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました