Versys1000 2017年モデルが発表されました

Kawasakiは2016年10月、Versys1000の2017年モデルを発表しました。以下の画像は、川崎重工業株式会社のホームページから引用しました。

Kawasaki Motorcycle & Engine Company --レジャー製品--
川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーはレジャー製品(MOTORCYCLE、PWC、ATV、MULE)を中心に開発・製造を行っています。

新色が発表されました

同社のホームページによると、2017年モデルでは塗装が変更されたようで、新しく用意された色は

「キャンディバーントオレンジ/メタリックフラットスパークブラック」
https://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/mcy/street/images/17my/gallery/17_KLZ1000B_OG1_RF.jpg

「キャンディライムグリーン/メタリックフラットスパークブラック」
https://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/mcy/street/images/17my/gallery/17_KLZ1000B_GN1_RF.jpg

「メタリックフラットスパークブラック」
https://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/mcy/street/images/17my/gallery/17_KLZ1000B_BK1_RF.jpg

の3色です。

写真を見てもわかるように、カウルのエッジを強調するようなデカールが追加され、オレンジとグリーンは Kawasakiロゴもシルバーからダークな色へ変更されています。

日本へは 株式会社ブライト が輸入していますが、2017年モデルのVersys1000は「メタリックフラットスパークブラック」のみが販売されるようです。

株式会社ブライト
株式会社ブライトのオフィシャルウェブサイトです。

装備も小変更されています

装備面の変更は、ギアポジションインジケーターが標準装備になりました。写真は2015年モデルのものです。

 

オプションでは、大型スクリーンとナビマウントが増えたようです。

ナビマウントについては、webを検索したのですが、まだ画像が見つかりませんでした。社外品であれば、SW-Motech からVersys1000用のナビマウントが発売されており、スクリーン裏に綺麗に取り付けることができます。

その他の変更点としては、リアフェンダーまわりが変更されています。

リアのウインカーがフェンダーへ移され、フェンダーそのものも少し後ろへ出っ張っているようです。おそらく、パニアを装着した状態でのウインカーの被視認性を向上させるためではないでしょうか。

もう一つ、ウインドスクリーンの取付部あたりの形状が変更されているようです。

スクリーンにぶつかった風はスクリーンの外側と内側に分かれますが、内側の風を整流する部品のようです。

和休もGPZ1100で経験がありますが、スクリーン内側の気流がうまく流れないとスクリーンがぶれる原因となります。

さらに、スクリーンを固定するノブの形状も変更されています。

オプションを装備したVersys1000 2017年モデル
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/mcy/street/images/17my/gallery/17_KLZ1000B_OG1_RF_OP.jpg

2017年モデルに施された変更はいずれも地味な変更ですが、Versys1000をこれからもじっくりと熟成していこうというKawasakiの姿勢がうかがえます。

左が2015年モデル、右が2017年モデル。
変更点が分かりやすいように、GIFアニメ化してみました。

よろしければ、是日、当ブログでの人気記事「三代目旅馬探し その4 Versys1000」も合わせてご覧ください。

三代目旅馬探し その4 Versys1000
2014年9月30日にドイツのケルンで開催された「2014 Intermot」で、マイナーチェンジされた KAWASAKI Versys1000(ヴェルシス1000) が発表されました。 フロントデザインを一新!! Versys...

コメントをどうぞ!