鍵を滑らかにするコツ

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

あなたのバイク、メインキーは軽く回りますか?鍵は滑らかに抜き差しできますか?

バイクって野外で動かすものですから、風や雨にさらされて各部が劣化していきます。

鍵穴にもいつの間にか水分が入り、錆びが生じたりとても小さなゴミが噛んだりして、鍵が動きにくくなります。

そんなとき、どうしますか?

クレ556などのオイルを差す?それ、逆効果です。

最初は滑らかに動くようになるのですが、時間がたつにつれ、ホコリを呼び、また鍵の回りが悪くなります。

鍵穴専用のケミカルも存在しますが、和休が昔、鍵屋さんに教えてもらった小技をご紹介します。

用意するものは、4B以上の柔らかい鉛筆です。

最近、鉛筆を使うことも少なくなったでしょうから、念のためおさらいです。

鉛筆の芯は、Hが硬くてBが柔らかくなります。

JISで定められていて、9H→ … →2H→H→F→HB→B→2B→ … →6B の順に柔らかくなります。

2Hなどの硬い芯は製図に使われ、6Bなどの柔らかい芯は、デッサンに使われます。

小学校の書き方(硬筆書写)では、4B~6Bを使うことが多いですね。

鍵を滑らかにするおまじない

4B以上の柔らかさをもつ鉛筆で、鍵の山や溝をコシコシとなぞってください。

そして、そのまま動きの硬くなった鍵穴に刺してみてください。

どうです?滑らかになったでしょう?

コメントをどうぞ!