GPSロガーを買おうかな?

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

旅馬のツーリング記事には、「本日のルート」を残してあります。

こちらは、9月1日に出かけた、「高野龍神スカイラインと鍋谷峠を巡るツーリング」で走行したルートです。

スポンサーリンク

ツーリングのルートを保存したい

これは、Googleマイマップを使用して、手作業でルートを入力して記事に埋め込んでいるのです。

過去のツーリングを振り返るとき、ルートが残っていると、その時の記憶が鮮明によみがえってくるので、できるだけ記事に盛り込みたいのです。

ところで、このマップに入力するルートは、和休の記憶が頼りとなっています。

帰宅してから、記憶が新しいうちに入力していくのですが、これが結構な手間なんです。

まず、地点を登録し、その地点を結ぶようにルートを追加していくのですが、経由地が8個までという制限があるのと、ルートを修正するための白丸も数に制限があるようで、うまくルートの入力ができないことがあるのです。

こんなときは、やむなく往路と復路のレイヤーに分けて入力しています。

仕方ないと思っていたのですが、色々調べてみると、GPSログをマップにインポートすることで、ルートが表示されるということが分かりました。

スポンサーリンク

GPSログを保存するには?

GPSログの取得方法は大きく2つあります。

一つ目がスマホのアプリを使う方法です。

スマホアプリ

メリット

  • アプリをインポートするだけで使える。無料アプリなら費用0円。
  • GPSログファイルの共有が簡単。

デメリット

  • スマホのバッテリーを多く消費する。
  • スマホが熱くなる。
  • GPSの受信能力は機種によって大きく異なる

ちなみに、アンドロイドのスマホであれば、ロケーション機能を有効にすることで、スマホの位置情報を残すことができます。

もう一つの方法が、GPSのログを取得する専用の機器(GPSロガー)を使用する方法です。

GPSロガー

メリット

  • バッテリーの持ちがいい。
  • スマホに比べると、GPSの受信に優れている。
  • コンパクト

デメリット

  • 費用が掛かる。(5,000円~といったところか?)
  • GPSログファイルをパソコンを使って吸い出す必要がある。

多くのライダーはスマホをナビゲーションとして使用しているでしょうから、すでにバイクからスマホに給電する環境を整えているでしょう。

アプリを足すだけでつかえるからおすすめですね。でも、雨対策とか熱対策を考えると気が重くなります。

スポンサーリンク

GPSロガーを購入しよう

和休は、スマホをナビゲーションとして使用していないので、GPSロガーを購入しようと考えています。

和休がGPSロガーに求める性能は、以下の通り。

  • Googleマップに対応していること
  • 1日中走り回るツーリングでも対応できる
  • 防水仕様
  • 10,000円まで

いくつか候補を挙げてみました。

CANMORE GT-730FL-SV

お値段も手ごろで、性能もよさそう。付属ソフトのインストールにてこずった評価があるのがちょっと心配。

CANMORE GP102+

こちらもお値段手ごろで性能がよさそう。液晶画面が付いているものの、どのように活用できるかよく分からない。ボタンの操作がイマイチとの評価あり。

i-gotU GT-120

コンパクトなGPSロガー。稼働時間がちょっと短いか。

i-gotU GT-600

GT-120の大容量版。バッテリー容量は3倍。

購入するにあたり色々調べてみたのですが、GPSロガーのニーズはあまりないのでしょうか。あまり情報が出てこないし、あっても古いし。

どうしようかな。

コメントをどうぞ!