シェアする

スパークプラグ交換

2017年11月5日、BRONCOのスパークプラグを交換しました。

BRONCOのスパークプラグは、NGK製の「DR8EA」というプラグです。用品店で500円ぐらいで購入できました。

消耗品ですし、簡単に交換できるのでさっさとやってしまいましょう。

それに、キャブレターのセッティングを行うならば、不具合の絞り込みに備え、キャブレター以外の要因をできるだけ排除すべく真っ先に交換しないといけません。

以下、自分のための備忘録です。

しかし、オフ車というか、単気筒のバイクは交換が簡単でいいですね。スパークプラグなんて外から見えてますからねぇ。

注意点としては、スパークプラグを取り外す前に、プラグの周りをきれいに掃除しておくこと。エンジンの中にゴミが入ったらいやですからね。

もう一つは、スパークプラグを締めるトルク。これは、取扱説明書やNGKのホームページ(NGKプラグスタジオ)をよく読んで締め付けましょう。

スパークプラグ交換手順

BRONCOのスパークプラグ部分

スパークプラグのキャップを持って引っこ抜きます

エンジン内にゴミが入らないよう、エアスプレーで掃除します。

プラグレンチは車載工具のものを使用しました

スパークプラグを緩めます

取り外したスパークプラグ

新品のスパークプラグ


2017年11月5日 53,798km

スパークプラグ交換 NGK  DR8EA

ご注意ください

スパークプラグの締め付けには十分注意してください。

締めすぎてネジ山をつぶすと、最悪エンジンヘッド交換です。

BRONCOのガレージへ戻ります

DJEBEL200の次にやってきたセロー225をベースにしたスクランブラー、BRONCOです。レトロで美しい外観ですが、少し調子を崩しています。和休の腕で完調に持って行けるでしょうか。