シェアする

『旅カスタマイズ』第五弾 バーハンドル化

GPZ1100の定番カスタムといえば、バーハンドル化でしょうか。

オーナーズクラブ「Liberty11」でもバーハンドル化された車体を良く見かけます。

みなさんトップブリッジを交換しておられ、私もそういうものだと思っていましたが、ハリケーン社より『カワサキバーハンドルキット』というものが販売されていて、これを使用することで純正トップブリッジのまま、バーハンドル化できるようです。

GPZ1100のポジションは、少々ハンドルが遠いように感じられました。

また、バーハンドルにすることで、様々なオプションパーツの装着ができることもメリットに思われました。

いつものヤフオクでなく、アップガレージのサイトをみていると、ジャンク品扱いで『カワサキバーハンドルキット』らしきものを発見(笑)

2,000円で購入しました(喜)ジャンク品扱いでしたが、部品がそろっていないだけでしたのでよい買い物ができました。

GPZ1100でバーハンドル化するために変更を要する箇所は、ブレーキホースのようです。

ここは奮発してメッシュホースを入れたいところですが、ちょっと先立つものが…

結局いつかはメッシュホースということで、ZRX1200のブレーキホース、ZRX1200のクラッチホースを購入し装着しました。ハンドルは、もらいもののアルミハンドル。

ZRXのブレーキホースは微妙に短かったようです。クラッチはOKのようでした。

装着してみると、ハンドルが手前にきてとっても乗りやすい!

この状態で北海道ツーリングにも行きましたが、1日600kmほど走ってもあまり疲労しませんでした。

(2008年7月13日装着)

ブレーキ関係は、重要な部品ですので、プロに依頼されることをお勧めします。この記事を参考にされることは構いませんが、自己責任でお願いします。

webからダウンロードした取扱説明書がありました。それによると正式名は「カワサキ系ホルダーkit」というそうです。

GPZ1100のガレージへ戻ります

和休が乗っていたGPZ1100に関するインプレッションやカスタムレポートです。