新車のDJEBEL200 !? DR200S

このブログをご覧の方はご存知だと思いますが、今の和休の愛車は、スズキ DJEBEL200です。

車体番号からするとおそらく1998年式だと思いますが、まもなく20歳になろうかという車両であります。

DJEBEL200は2005年に生産を終了しましたが、エンジンなどはフューエルインジェクション化され、バンバン200に搭載されています。

なので、エンジン回りの部品は、まだまだ供給停止にはならないと思っています。

外装品については、ヤフオク!でそこそこの数が出回っているので、新品にこだわらなければ多分大丈夫でしょう。オフ車なので、ピカピカな外装よりも少々くたびれているほうが、似合うかもしれません。

和休のインプレッションで記事にした通り、ヘッドライトやフロントフェンダーを交換し、外観をちょっぴり今風にしたいな、と考えています。

半年で3回 DJEBEL200 に乗ってみた感想
動力性能 エンジン ジェベル200のエンジンはH402型といい、そのスペックは199cc単気筒、SOHC・2バルブ。最高出力は、8,500回転で20馬力、最大トルク7,000回転で1.8kgf/mを発揮する。 排気量からしてスピ...

どんなパーツを装着しようか、とネットを検索していると、Global SuzukiのホームページでDR200Sというバイクが販売されていることを知りました。

http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/moto/dual_purpose/dr200se/l5/images/dr200sl5_yu1_rightside.png より引用

外装は大分違っていますが、よく見てみると、なんとDJEBEL200です。

インジェクションのバンバン200とことなり、まだまだキャブレターを搭載しているし、オイルクーラーもついていない、機関部だけを見れば、和休のDJEBEL200と全然変わっていないバイクでした。

http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/moto/dual_purpose/dr200se/l5/images/dr200sl5_engine-u2788.jpg より引用

外装は、ジェベルの特徴である13Lタンクにシュラウドが装着されています。シュラウドの目的は、ラジエーターに走行風を導くためだそうなので、空冷車のDR200Sには不要な装備ですが、このパーツが一気にイマドキ感を醸し出しています。

サイドのパーツやリアフェンダーも、後方へシュッと流れる今風のデザインになっており、見た目だけでこうも印象が変わるんだ、と思いました。

和休、DJEBEL200のリア周りは、このままでいいと思うんですが、このシュラウド付きのタンクはうらやましいなぁと思います。

後ろから「輸入しちゃえよ」と悪魔のささやきが聞こえてきます。う~ん先立つものに余裕があれば・・・

いかんいかん

コメントをどうぞ!