DJEBEL200のホーンを交換したものの

記事を参考にされることは構いませんが、故障、事故、怪我等の危険性があります。このようなトラブルに対し、和休は一切の責任を負いません。自己責任で行ってください。

 

May 28, 2017 潮岬ツーリング その5 で記事にしましたが、和休のDJEBEL200、ホーンが鳴らなくなってしまいました。

May 28, 2017 潮岬ツーリング その5
その4から続く 酷道371号線に突入 国道371号線の酷道区間に突入しました。 道幅は細いですが、路面は整備されていてとても走りやすい道です。 明るいし、まだまだ余裕です。 右へしゅっとへえって し...

 

めったに使うことはないのですが、ライダーの意思を他車に伝える重要な役割の部品です。DJEBEL200のホーンは、外からさわれるところに付いているので、交換も簡単。

ちょちょいのちょいで交換してやろうと、純正品の値段をwebで調べてみると、どうやら純正ホーンは2,500円ぐらいします。

思っていたより高かったんですねぇ。

これならPIAAのなどの社外品が買えてしまいます。それにそのまま純正品にするのもつまらない(というよりブログのネタにならない)ので、「できるだけ安く」をコンセプトに代替ホーンを探すことにしました。


で、和休が選んだのは、こちら。webikeで扱っている「WEBIKE MODE ウェビックモード : ホーン 渦穴タイプ 12V用」 という商品です。

おそらくデイトナが扱っているのと同じ商品だと思うのですが、安かったのでこちらを選びました。なんてったって税込568円ですからね!

あっという間に届きました。

webikeホーンの外径は、7cm。

ステーまで入れても10cm程度です。
さっそくDJEBEL200に装着してみましょう。

これが沈黙を続ける純正ホーンちゃん。

純正ホーンの裏面です。

コネクター横にあるビスをぐりぐりすると鳴る、という情報もあったのですが、最悪これが原因で壊れる(トドメをさす)こともあるようなので、新しい部品を手配しました。

webikeホーンを仮接続

コネクターは引っ張ったら外れます。

webikeホーンにつなぎ、イグニッションスイッチをONの位置へ。

ホーンスイッチを押すと、「ピー」と「ビー」の中間の音が鳴り響きます。どうやら配線やスイッチが原因ではなかったようで、ホッとしました。

音量は、思っていたより大きかったので、試しに鳴らしてちょっとびっくりしたのは内緒です。

その後、フレームからステーを留めているボルトを外し、ホーンステーごと純正ホーンを外します。

純正ホーンをステーから取り外します。

純正ホーンの中心のナットは11mm。あまり使わないサイズだと思います。

最初、純正のステーからホーンを外し、webikeホーンを着ける予定でした。ところが、webikeホーンの中心の取付ネジは1まわり細く、また純正ステーを貫通するほどの長さもなかったので、純正のように取り付けることは不可能でした。

純正ホーンのステーにwebikeホーンのステーを留めることも考えたのですが、今度は配線の長さが足りません。

そこで、純正ステーを取っ払い、フレームに直接つけてみました。

締め付けるとホーン裏のナットがフレームにあたるので、少し手前側にステーを曲げてあります。

フロントフェンダーとのクリアランスはなんとか指1本が通る程度。

ホーンの裏面はこんな感じです。

一応、正常に動作することが確認できましたが、和休としては満足いかない結果になりました。おとなしく純正品を購入した方が安く上がったかも…

こら、近いうちにリベンジですわ。(-“-)

2017年7月9日 19,751km

webikeホーンのスペック

本体サイズ 直径:7cm

ステーボルト穴径:6mm

定格:12V/1.0A

音量:100db

 

コメントをどうぞ!