旅馬の記事が紹介されたんですよ!【2回目】

スポンサーリンク

旅馬の記事を紹介していただきました!

以前、レバレジーズメディカルケア株式会社様の看護師向け情報サイトである「ナースときどき女子」というサイトに、旅馬の記事を紹介していただきました。

記事が紹介されるなんて初めてのことで、とてもうれしかったことを覚えています。

きらっこノートのスクリーンショット

今度は、同社の介護に携わっておられる方に向けた情報サイト「きらっこノート」を担当される方から、旅馬の記事を紹介してもいいですか?と打診いただきました。

「きらっこノート」は同社が運営するWebメディア『きらケア』内のコンテンツのひとつで、介護にまつわる資格や恋愛、エンタメなど幅広い範囲の記事が掲載されています。

きらッコノート|介護をもっと好きになる情報サイト
「きらッコノート」は現在介護の仕事をして...

和休は介護という仕事をあまり良く知りません。大変そうな仕事だ、という印象しかなかったのですが、「きらっこノート」を読ませていただき、介護という仕事だけでなく、恋愛、お出かけといった介護士さんにまつわるお話が掲載されていて、興味深く読ませていただきました。

特に興味深かった記事は「「有料老人ホームと特養」働くならどっち?」です。

自分の親や、将来は自分が介護を受ける立場になるかもしれません。介護士さんの仕事=自分が受けることのできるサービスなので、大変参考になりました。

「有料老人ホームと特養」働くならどっち?|介護士さんのための情報サイト「きらッコノート」

さて、記事を紹介していただくのは大歓迎なので、「OKです!」とお返事したのですが、気になったことがありました。

今回、温泉での癒しを求める方を対象に温泉の記事をご紹介されたいそうですが、その記事が「非日常体験!トロッコに乗って温泉へ行こう!」だったのです。

スポンサーリンク

湯ノ口温泉

湯元山荘 湯ノ口温泉
三重県熊野市紀和町湯ノ口10

和休たちが向かった温泉は、紀伊半島の山の中にある三重県熊野市にある「湯ノ口温泉」です。

瀞峡と世界遺産熊野古道 丸山千枚田 赤木城跡の宿 入鹿温泉ホテル瀞流荘 源泉掛け流し 湯治場 湯ノ口温泉 湯ノ口温泉紹介

紀伊半島の山中へ出かけた方はわかると思いますが、厳しい自然環境につつまれているので、とにかく道が狭く、曲がりくねっています。

和休はこの日、キャンプしていた道の駅「おくとろ」から国道169号線という道路を通って、この温泉へ向かいました。

国道169号線とは、奈良県吉野から和歌山県新宮市を結ぶ国道です。

吉野から和歌山県熊野市五郷までは快走路が続くのですが、ここを過ぎるとすれ違いが困難になるほど道幅が狭くなる場所もあり、車の運転があまり得意でない方は、トロッコに乗ることのできる瀞流荘駅にたどりつくまでにヘロヘロに疲れてしまうかもしれません。

高速道路なら少々距離があっても大丈夫!という方なら、伊勢道から熊野道路・熊野大泊ICを通り、国道41号線、国道311号線を経由して瀞流荘駅へ向かえば、比較的楽に到達できると思いますので、おすすめです。

そうそう、肝心のお風呂ですが、湯舟は広々としてとても快適。

温泉は、源泉かけ流しで加水・加温一切なし。お湯の温度もちょうどよくて、ゆっくり入りたい方も満足していただけると思います。


「きらっこノート」によると、介護士さんは、日頃から体調管理が求められる職業。

休日は、趣味活動や好きなことをしてストレスを発散するのが、好調をキープする秘訣かもしれません。

あえて険しい道をたどることで日常から離れたところに身を置いていただき、温泉で一息ついて、リフレッシュいただければ幸いです。

いつ、自分が介護を受ける側になるかもしれません。

介護士さんは、日本を陰で支えてくれています。旅馬の記事が、そんな介護士さんのリフレッシュの一助となれば幸いです。

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました