GPZ1100 スピードメーターケーブル脱落

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

2011年4月Liberty11のうどんツーリングに参加したときのことです。

ツーリング当日、いつものガソリンスタンドで給油した後、スピードメーターが動いていないことに気づきました。

GPZ1100の場合、スピードメーターはフロントタイヤの回転数から検知しています。

GPZ1100のフロントブレーキ
アクスルシャフトの取り付け部から伸びているケーブルがスピードメーター用のケーブル

フロントフォーク取り付け部にメーターギアが仕込まれていて、フロントホイールの回転をケーブルを介してスピードメーターに伝えるのです。

そう、メーターケーブルはチューブの中で常にぐるぐると回転しているので、いつか切れてしまうことがあります。

ついに切れてしまったんだろうな、メーターケーブルを交換しなきゃな、と思い、そのままうどんツーリングへ向かったのです。


ところが、原因はスピードメーターケーブルがメーター側から脱落したことでした。

しばらく脱落したケーブルを引きずっていることに気づかず走行してしまったため、ネジ山がつぶれてしまい、再装着は不可能。交換することにしました。

和休は、純正部品の注文はWebike!で行っています。納期は少々かかりますが、ポイントが使えたり便利です。

ウェビック【Webike】バイク用品・バイクパーツ・オートバイ情報満載
【キャッシュレス5%還元】バイク用品・カスタムパーツ・純正部品の商品点数100万点以上!さらにバイクに関するニュースや中古車情報まで。バイクパーツ・オートバイ用品通販・バイクライフ情報サイトへようこそ!

交換後はメーターの動きも心なしかスムーズになったような気がします。

(2011年4月23日 装着)

コメントをどうぞ!