Microsoft Access

自作関数

起算日から経過月数を調べる関数を作りました

日付と日付の間の期間を計算する方法は、民法に規定されています。 「基準日時点の年齢を取得する自作関数を作りました」で触れましたが、ACCESSに用意されているDATEDIFF関数は、民法の規定通りに計算することはできません。 そ...
自作関数

基準日時点の年齢を取得する自作関数を作りました

仕事場、年齢計算をする場面は多々あると思いますが、法律上の年齢計算の根拠はご存知でしょうか。 日本では、「誕生日の前日に歳をとる」とされていて、その根拠となる法律は、「年齢計算ニ関スル法律」と「民法」です。 根拠法令 年齢計算ニ関...
ファイル操作

自動バックアップ プログラム(その2)

プログラムの組み込みについてAccess2007を用いて説明します。 自動バックアップ プログラム(その1)からの続きです。 手順1 適当なフォルダにアクセスファイル(空のデータベース)を作成します。 ここでは、TEST...
ファイル操作

自動バックアップ プログラム(その1)

Accessファイルを自動的にバックアップするプログラムを紹介します。 このプログラムを組み込んだAccessファイルを起動すると、Accessファイルと同一フォルダ内に「Backup」フォルダを作成し、その中に「DailyBackup」フ...
Let's use Access VBA

Lesson11 非連結フォームからレコードを操作する【レコード検索編】

Lesson10 で使用したフォームにボタンを一つ加えます。このボタンを押したとき、フォームに入力した内容にレコードを更新します。 ボタンの名前は、btn_検索 とします。 クリック時のイベントプロシージャへ、以下のとおりコード...
Let's use Access VBA

Lesson10 非連結フォームからレコードを操作する【レコード削除編】

Lesson9のアップデートから大分時間が空いてしまいました。その間にパソコンを入れ替えたため、今回からAccess2007を使用します。 Lesson8、Lesson9で使用したフォームにボタンを一つ加えます。このボタンを押したとき、フ...
Let's use Access VBA

Lesson9 非連結フォームからレコードを操作する【レコード更新編】

Lesson8 で使用したフォームにボタンを一つ加えます。このボタンを押したとき、フォームに入力した内容にレコードを更新します。 ボタンの名前は、btn_更新 とします。 クリック時のイベントプロシージャへ、以下のとおりコードを...
Let's use Access VBA

Lesson8 非連結フォームからレコードを操作する【レコード追加編】

テーブルを1つ、フォームを1つ用意します。 テーブルの名前は、基本情報とします。テーブルのフィールドは以下のとおり設定してください。 なお、テーブルのフィールドには書式設定やIMEの入力モードを指定する箇所がありますが、非連結フォームを...
Let's use Access VBA

Lesson7 非連結フォームからレコードを操作する

では、いよいよVBAを使用して非連結フォーム上に入力したデータをテーブルへ追加、更新、削除を行います。 その前に、なぜ、わざわざ非連結フォームを使用するかについてです。 ご存知のとおり、ACCESSはフォームのレコードソースにテーブルを...
Let's use Access VBA

Lesson6 繰り返し処理 その2 【Do Loop 文を使う】

前回は、For Next 文を使用した繰り返し処理を行いました。今回は、Do Loop 文を使用して同様の処理を行います。 では、さっそく10回の繰り返しに挑戦してみましょう。 ループの回数をカウントするのは前回と同様、変数Xを使用しま...