空振り

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

心が淀むとき、僕はバイクに乗る。

今日は、ほぼ字ばっかりの記事です。

スポンサーリンク

心の淀み

和休の妻は、パン屋さんで働いている。彼女は、独身時代にお料理教室でパンの作り方を学び、パン作りの基本は身についているのだ。

和休はカレンダー通りの平日勤務に対して、妻は週末をメインに働く。必然的に、週末は和休が留守番し、男の子3人の相手をする。

男3兄弟ともなると、なかなか大変だ。

夏休みも終盤に入り、工作や読書感想文などの大物を仕上げていかなければならない。ところが、男の子の常で、やりだすまでに非常~~~~~に時間を要する。

それに、最初に手を付けたものを片付けずに次のことをやりだすもんだから、机や子供部屋は散らかり放題。和休は、小学校の男の子はそんなもんだと思うし、少々ガチャガチャしている環境の方が、男の子は集中しやすいともいわれる。

でも、度を越した散らかりように、妻は耐えられない。

仕方がないので、妻の血圧が上がらない程度に片付けをさせるのだが、今日ばかりはやらなきゃならないことがあれこれある。日々のドリル系の宿題、工作、感想文。さらに、手つかずの宿題がまだ残っていたとの告白。

子供たちも、今日はあまりやる気がでないようで、まったく事が進まない。

募るイライラ。

妻が帰ってくる頃には、大分気持ちが沈んでいた。

見かねた妻が「バイク乗ってきたら?」といってくれた。女の勘は、やはりするどい。

悪いな、と思いながらも、バンディットのエンジンをかけたのはいつだったかいな、と考えている自分がいる。

もう1ヶ月近くバイクに乗っていない。ちょいと甘えさせてもらって、数時間の散歩に出かけることにしよう。

自宅から片道1時間程度で行けるところが、今日の目的地だ。

スポンサーリンク

息抜きできる目的地を

和休は、あまり自宅近くの定番ルートを持っていない。今から出発するとなると、自宅をでるのは19時になるだろう。この時間からだと、ポートアイランドだろうか。

ポートアイランドとは、神戸市の沖合に作られた人工島で、第2期工事でそのさらに沖合に、神戸空港が建設された。

そうだ、今日は三脚とカメラ(オリンパス OM-D)を持っていこう。気晴らしに夜景でも撮ろう。

ポートアイランドには「北公園」という公園があり、神戸の市街地とポートアイランドを結ぶ神戸大橋の撮影ができるポイントがある。

神戸大橋の夜景
神戸大橋の夜景
神戸大橋
神戸大橋

でも、やめた。暑そうだ。クローゼットから、今年の夏一回も使っていないフルメッシュのジャケットを引っ張り出す気分じゃない。

どうせ夜景を撮影するなら、1,000万ドルの夜景として名高い、六甲山からの夜景なんてどうだ。

神戸を象徴する山々である六甲山は、明治の昔に神戸にやってきた外国人によって、避暑地として開発された経緯がある。市街地と山頂では、大体5℃から7℃ほど涼しいといわれている。

それに、「Bandit」とは「山賊」の意味だ。山へ行かなくてどうする。そうだよね、そうしよう。

決まりだ。

19時ちょうど。バンディットのエンジンを始動した。

最寄りのガソリンスタンドで、満タンにし、空気圧をチェックする。ここのスタンドのエアポンプは、あらかじめセットした空気圧になるように充填されるタイプではなく、空気圧計が付いていて、空気を入れる前のタイヤの状態が分かる。

バイクのタイヤは、四輪のタイヤと比べてタイヤ内の空気量は少ない。季節の変わり目などのわずかな気温の変化で、空気圧は簡単に増減する。

そのほか、スローパンクチャーしていないかなど、タイヤの健康状態を知るためにも、空気を充填する前の空気圧を知りたいのだ。

準備は整った。

コメントをどうぞ!