シェアする

須磨海浜水族園アクアイルミナージュ

神戸市にある須磨海浜水族園では、2016年7月14日から8月31日まで「神戸須磨アクアイルミナージュ」を開催しています。

神戸市立須磨海浜水族園(スマスイ)は、親、子、孫と3世代の想い出刻むスマスイは、これからもずっと、あなたと大切な人に、変わることのない新しい感動をお届けします。

夏限定のイベントです

通常は、午後5時で閉演する須磨海浜水族園ですが、このイベントでは午後10時まで開園時間を延長し、園内をライトアップ。さらに今年はイルカライブとプロジェクションマッピングを融合させたショーを企画しています。題して、「イルカトワイライトライブ」。

1日1回だけ、夏の夜だけのお楽しみということで、和休も家族を連れてイルカに会いに行くことにしました。

17時まではいつもの水族園を楽しみましょう

水族園にはいると、まず目に飛び込んでくるのが大水槽です。須磨海浜水族園が現在の姿にオープンしたとき、和休はまだ幼い子供でしたが、初めてみた大水槽の大きさに感動したことを覚えています。最近の水族館では、これよりも大きな水槽を設置して話題になっていますが、おっさんになった今でも、須磨・大水槽の感動は薄れていません。

 

ペンギン館

大水槽のある本館を抜けると、和休の好きなペンギン館に向かいます。

いや~いつ見てもかわいいですね~。ちなみにこのペンギンたちはマゼランペンギンといい、比較的暑さに強い種類だそうで、夏でも元気に動き回ってます。

イルカトワイライトライブ

さて、あたりは暗くなってきて、イルミネーションが引き立ってきました。

20時になりました。いよいよイルカトワイライトライブがスタートします。ショーが行われるイルカライブ館の観客席は、すでに満席です!

プロジェクションマッピングが映し出されました。ハワイ感が盛り上がってきます!

 

イルカ達が観客席に向かって、大量の水をかけます!暑さが吹き飛びますね!

8月31日までのこのイベント、オススメです!普段のイルカショーよりイルカが激しく飛び回っているように思いました。