南極観測船しらせ 神戸へ

2017年9月23日と24日、南極観測船「しらせ」が神戸港にやってきました。

神戸市のホームページによると、神戸開港150年記念事業の一環としてやってきたそうです。

 

 「しらせ」は、南極の昭和基地に南極地域観測隊の隊員や物資を輸送するとともに、海洋観測を行う南極観測船です。神戸港では、日本の4代目の南極観測船として「しらせ」を迎え、9月23日(土曜)・24日(日曜)の2日間、船内の一般公開を行います。また、一般公開にあわせ南極観測の写真パネルや「南極の氷」なども展示する予定です。

 南極観測船の神戸港への寄港は、平成12年9月、平成23年9月と、6年ぶり3回目となります。

神戸市:神戸開港150年記念事業  南極観測船「しらせ」6年ぶり寄港 9月23・24日に一般公開 参加者募集
 「しらせ」は、南極の昭和基地に南極地域観測隊の隊員や物資を輸送するとともに、海洋観測を行う南極観測

南極観測船は、初代が「宗谷」、2代目「ふじ」そして3代目が同名の「しらせ」で、今回寄港した船は4代目の「しらせ」だそうです。

和休、小学校の図書館で南極観測隊の本を読みまして、そこに「宗谷」が登場したんです。「宗谷」は氷を砕くため、船底が丸くなっていたそうです。

その構造が災いして、通常の航行では揺れが激しく、観測隊の方々は大変苦労されていたそうです。

ちなみに2代目「ふじ」は、名古屋港に保存されていて、こちらも内部を見学したことがあります。

体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」

 

さて、今回寄港した「しらせ」は運よく抽選で選ばれた方が、内部の見学をすることができたそうです。

残念ながら和休は募集していたのを知らず、新聞で寄港することを知りました。

神戸ポートターミナルに係留されているとのことなので、対岸のポートアイランド北公園から「しらせ」を眺めてみることにしました。

ポートアイランド北公園から「しらせ」を眺める

2017年9月23日ポートアイランド北公園にやってきました。

左手には、宮崎行きのフェリーが停泊しています。

宮崎カーフェリー | 宮崎カーフェリー

 

北公園は現在、神戸開港150年記念事業の一環で「 港都KOBE芸術祭 」が行われており、芸術作品が展示されています。

港都KOBE芸術祭
神戸開港150年記念、神戸、芸術、アートの祭典、開催期間/2017年9月16日(土)〜2017年10月15日(日)

 

西村正徳氏の作品「ひまわり」です

神戸大橋の向こうに「しらせ」が見えてきました。巨大な船ですね。「しらせ」の大きさは、基準排水量:12,650トン、全長:138m、幅:28m、深さ15.9mだそうです。

 
 

ポートターミナルに停泊中の「しらせ」

夜の「しらせ」撮影にチャレンジ

夜でも発送できる神戸中央郵便局でヤフーオークションで落札いただいた商品を発送しがてら、ぶちょさんから預かっているOLYMPUS OM-D E-M5を引っ張り出し、夜の「しらせ」の撮影をしました。

 

コメントをどうぞ!