おおやアート村BIG LABO「大恐竜展」に行きました

このブログからリンクさせていただいている、香住佐津温泉「民宿かどや」公式ブログ でおおやアート村BIG LABOが「大恐竜展」を開催していることを知り、子供たちを連れて行ってきました。

香住・佐津温泉『民宿かどや』公式ブログ
松葉かにと但馬牛に代表される『食のジオパーク香美町』の美味しさの成り立ちを語るジオなブログ

 

養父市では、大屋町の地域資源(自然・モノ・コト・人など)と芸術資源を新しいまちづくりに結びつける「おおやアート村構想」を進めています。

2010年3月に閉校となった旧兵庫県八鹿高校大屋分校をこの活動の拠点とし、2012年4月からおおやアート村BIG LABOとして生まれ変わりました。

さて、神戸市須磨区から2時間半、山陽自動車道、国道175号線、北近畿豊岡道を通り、養父ICから県道6号線で養父市大屋町へやってきました。

会場となる体育館です。

駐車場(元運動場です。)に車を駐車し、「大恐竜展」の会場である体育館へ向かいます。

入場料を支払い(県内の小中学生は無料でしたので、和休の分だけでした。)、玄関をくぐると大きなカバさんがお出迎えしてくれました。

カバさんの置物の上にはバッタさんが

体育館に入ると、壁に作品が展示されています。

 

大きな恐竜の作品です。杉でできているそうです。

マメンチサウルスというそうです。杉花粉に注意!?

後方にある舞台上では、工作コーナーが作られており段ボールや色画用紙などの材料が置いてありました。子供たちは自由に作品を作ることができ、持ち帰ることも、ここで展示することもできるんです。

恐竜の模型です。手前のハンドルをくるくる回すと、泳ぐように動きます。

体育館の外には、養父市のゆるキャラ「やっぷー」が来ていました。

大屋 富士男校長です。天気のいい日に会うことができます。

帰りは、明延鉱山で活躍していた一円電車が保存されている、明延振興館に寄ってきました。昨年10月に訪れた一円電車まつり以来です。

明延鉱山 第10回 一円電車まつり に行きました
2016年10月2日兵庫県養父市大屋町明延で開催された、「第10回 一円電車まつり」に行きました。 明延鉱山とは 明延鉱山とは「スズ」を産出する鉱山で、かつて日本一の産出量を誇りましたが、外国から安い鉱石が輸入されてくるようになり1...

 

今日は、一円電車の運行日ではなかったので静かでした。近くを流れる川の流れる音しか聞こえません。

たまに、ツーリング中のバイクが走り去っていきます。このあたりの道はコーナーが多いものの快走路が続くので、バイクで走るとかなり気持ちいいでしょう。

おおやアート村BIG LABO へのアクセスはこちら

公募BIG LABO!!大恐竜展

今年の公募展のテーマは恐竜。展示場がアートな恐竜だらけに!

さらに、丹波市〔丹波竜化石工房ちーたんの館〕と、兵庫県立人と自然の博物館も特別参加します!丹波で発見された恐竜の骨格模型や生態画、生態CG映像など必見です!

たくさんのアートな恐竜たち、ぜひ見に来てくださいねo(^▽^)o

▶期 間 3月11日(土)~8月31日(木)
▶場 所 おおやアート村BIG LABO 展示場「ラボ×ラボ」
▶時 間 9:00~17:00(最終入場は16:30まで)
▶料 金 一般300円[200円]
中学生以下150円[100円]
※[ ]内は団体料金(15名以上)
★就学前の幼児と、「ひょうごっ子ココロンカード」
提示の小・中学生は無料です★
▶休館日 水曜日
※ただし5月3日(水)は営業、翌週の8日(月)は休館します。

兵庫県養父市大屋町加保7

おおやアート村 BIG LABO のホームページはこちら

コメントをどうぞ!