北海道からのお客さんと神戸を歩きました

6月15日、和休の職場関係で、全国から仲間が集まる会議が行われました。

今は引退しているのですが、和休もかつてその集まりでは役を仰せつかっていたこともあり、「久しぶりに晩御飯でも」とお誘いをうけたんです。

今日のお客さんは、北海道からいらっしゃった方々。

神戸のとある高架下にある店で宴会は行われたのですが、18時から24時まで過ごしてしまったぐらい盛り上がった時間でした。

フラフラになりながら、「明日は神戸観光や!」と約束したのは覚えているのですが、しっかり時間を約束していなかったのです。

北海道からのお客さんと酔った勢いで神戸観光を約束したのです

そんなわけで、翌日、宿の近くにいってみたところ、なんとか連絡も取れ、無事合流し、神戸観光に出かけたのでした。

もう一人来るはずだったメンバーは「さっき起きたw。今から向かいます。」という連絡があったので、それまで和休が神戸を案内して間を繋ぎます。

宿は神戸・元町だったので、とりあえず海を目指して歩きましょう、とテクテク歩き出しました。

梅雨真っ盛りでしたが、天気は晴れ。ところが外は、「夏かよ!」というぐらいの日差しが降り注いでいます。

涼しいうちに歩いて回り、午後は屋内で過ごす感じで観光することにしました。

 

まずやってきたのは、「メリケンパーク」です。

入り口には巨大な鯉の「フィッシュ・ダンス」というオブジェが我々を迎えてくれます。

フィッシュ・ダンス

2017年3月撮影

「設計にはあの安藤忠雄氏も携わっているんですよ~」なんて知ったかぶりの案内で客人をもてなします。

 

神戸港震災メモリアルパーク

2017年3月撮影

その裏手には、阪神淡路大震災で被災した岸壁がそのまま保存されている、「神戸港震災メモリアルパーク」、インスタ映えの「BE KOBE」と続き、メリケンパーク神戸オリエンタルホテルの前までやってきました。

このホテル、実は海図にも載っている正式な灯台としての機能を有しています。

 

そんな話や、「ポートタワーと札幌テレビ塔、高いのはどっち!?」なんてクイズも混ぜつつ歩いてきましたが、そろそろ1時間たちました。

札幌テレビ塔

札幌テレビ塔

 

「モザイク」内にあった「六甲牧場カフェ」で北海道のソフトクリームにも負けない、美味しいソフトクリームをなめなめしていると、ようやくもう一人がやってきました。

神戸北野で新鮮な牛乳と拘りの材料を使い自社生産された洋菓子を卸販売します。また、ネットショップでのお取り寄せも可能です。

 

暑くなってきたし、歩くのもしんどいのでここからは「神戸シティ・ループバス」にのって、北野の異人館街へ向かうことにしました。

シティー・ループ | 神戸交通振興株式会社
創造という言葉をキーワードに、新しいライフスタイルと豊かな暮らしを追求する神戸交通振興株式会社のホームページです。バス・地下鉄の広告やバス運行情報、空き物件情報などをお届けしております。

 

久しぶりの北野異人館

三宮からどっと人が乗り込んできましたが、なんとか北野に到着しました。

来てみたものの、和休も異人館に来るのはかなり久しぶり。予習もしていなかったので、お客さんと一緒に右往左往。

そこで、異人館として初めて公開された、「うろこの家」へ行ってみることにしたのです。

神戸北野異人館
神戸で最初に公開された異人館「うろこの家」や、山手八番館・英国館・洋館長屋などの神戸北野のおすすめ異人館を紹介しています。

 

うろこの家

こちらが、「うろこの家」です。有名な建物なので、写真などでご覧になったことがあるのではないでしょうか。

外壁に貼られた天然石スレートの形状が、魚の鱗のように見えることから「うろこの家」と呼ばれるようになったそうです。

もともと、メリケンパークにほど近い、「旧居留地」にあったそうですが大正時代に北野へ移築され今に至っています。

「風見鶏の館」とならんで、兵庫住宅百選に指定されています。

うろこの家内部

 

 

ポルチェリーノ

こちらは、「ポルチェリーノ」というイノシシの銅像。オリジナルはイタリア・フィレンツェにあります。

イノシシの鼻をなでると、幸運に恵まれるとして古くから親しまれています。

ところで、この銅像、阪急三宮駅の高架下にあったと思うのですが、、、こちらへ移されたのかな?

うろこ美術館にて

うろこの家の隣は、「うろこ美術館」があります。こちらは1Fにあったガラス細工の異人館。

素晴らしい出来です。

 


 

残念ながら、和休の時間はここまで。

またの再会を約束して、別れたのでした。

コメントをどうぞ!