シェアする

GooleMapsを使って簡単にコマ図をつくる

本格的に寒くなってきました。和休の家では毎年恒例となった、胃腸にくる風邪が流行りえらいことになりました。

コマ図とは?

さて、今日は、GooleMapsを使って簡単にコマ図をつくって見たいと思います。

コマ図とは、自動車競技の一つ、「ラリー」で使用される、ルートを簡潔に記した地図のことです。

ちなみに、ラリーときくと、ダートを猛スピードで走り抜ける競技を思い浮かべる方が多いようですが、それはラリー競技のほんの一部でしかありません。

ラリーとは、定められたルートを定められた時間で走る「リエゾン」という区間と、定められたルートを早く走りぬける「スペシャルステージ」という区間を交互に走り抜ける競技です。

ダートを猛スピードで走り抜けている場面は、グラベル(舗装されていないコース)上に設定されたスペシャルステージなんですね。

和休は、ラリー競技者ではありません。

では、なぜコマ図が今日のテーマになるのかについてですが、和休は、ツーリングに出かけるとき、ナビではなく紙の地図を使います。もちろん、ナビは便利だと思いますし、アウトバックにはナビが装備されています。

和休の好みの問題でしょうが、たとえば、自宅で次のツーリングをプランニングするには、紙の地図が適していると思うんです。

こうして出来上がったルート、ツーリングに出かけるときは、暗記しています。こう書くと、すごい暗記力があるように聞こえますが、暗記するのは途中の休憩ポイントまで。これなら数箇所のポイントを覚えるだけで済みます。休憩ポイントでは、缶コーヒーを飲みながらツーリングマップルを眺めて、次のポイントを覚えます。

ま、ポイントの覚え方も和休なりのやり方があるのですが、今日は割愛します。

けど、たまに間違えることもあります。一人ではルートを間違えてもなんの問題もありませんが、連れがいるとちょっとこまったことになりますよね。数台でUターンするのも事故を誘発するかもしれません。

カーナビを使わないの?

デジタル機器が普及した昨今、「素直にナビを使ったら?」という声もありますが、「自分の進む道は自分で決めたい!」。

なーんて格好の良いことを言いましたが、ナビが引いてくれるルートは、和休好みではありません。和休は、交通量が少なそうなルートを繋いでルーティングします。ナビで実現しようとすると、目的地入力→ルート検索→経由地1設定→経由地2設定→経由地3設定→ … ルート設定だけで日が暮れます。

というわけで、タンクバッグにツーリングマップを仕込んで走るわけですが、紙の地図だと走行中にページをめくれない。そんなときに次の交差点がやってきて、気づかずに通り過ぎてしまった…

なんてこと、ありますよね。

それじゃ、交差点をメモした紙をタンクバッグに入れたら… が発展して、コマ図を使ってみたらどうだろう、という結論になりました。

でも、ツーリングのたびにコマ図を作るのも面倒くさい。それじゃできるだけ手間を掛けずに、コマ図のような次の交差点を確認できるものは作れないだろうか… という思いがきっかけです。

ところで、コマ図ってなんだ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

コマ図にもいろいろありますが、こんな感じに交差点を簡略化した地図のことです。ここでは、進行方向左側に橋があり、右側に市役所がある交差点を右折することを示しています。

通常の地図は、北が上(ノースアップ)ですが、コマ図は交差点に入るときの進行方向が上(ヘディングアップ)で作られることが多いようです。

コマ図を作るよ!

用意する物は、GooleMaps と CubePDFなどのPDF変換ソフト とPDFファイルから画像を抽出できるソフト。

まず、GooleMapsでルート検索をします。今回は、中央自動車道諏訪ICからビーナスラインを経由して、美ヶ原美術館の駐車場へ至るルートを使います。


大きな地図で見る

GoogleMapsでルート検索をした後、印刷ボタンを押します。

すると、このようにルート検索結果が表示されます。

この検索結果をPDFファイルとして出力し、そのPDFファイルから画像を抽出します。フリーソフトでもできるようですが、できれば 本家のソフト Adobe Acrobat を使用した方が良いようです。

こうしてできた画像ファイルを出発地から目的地まで並ぶようにファイル名をつけて、スマフォやタブレットに保存。順番に並んだ画像を見ていくだけなので、もしかしたらデジカメやフォトフレームでもOKかも。

気になるポイントでちらっとルートを確認する、なんて使い方を考えました。

この画像は、出力された画像をGIFアニメーションに変換し、2秒ごとに切り替えています。

でも、これだけでは少し分かりにくいですね。ポイントごとにメモ書きを挿入できるといいのですが、簡単な方法が思いつきません。GoogleMapsのルート検索結果に表示されるコメントが自動的に合成できると最高ですね。

また、GoogleMapsを使っているので、地図の上が北になっています。これもコマ図としては改善点ですね。

2013.12.14 追記

Adobe Reader のツール、スナップショットツールを使用して、ポイントごとに画像ファイルに変換しました。簡単にこの形になればいいんですが…

(この画像は、出力された画像をGIFアニメーションに変換し、3秒ごとに切り替えています。)

シェアする

フォローする