シェアする

神戸の隠れグルメ

世間では、「B級グルメ」が流行っております。

和休の地元神戸でB級グルメ、といえば色々あるでしょうが、やはり長田が発祥の「そばめし」が有名ではないでしょうか。

焼きそばを細かく刻み、ご飯と混ぜ、「ばらソース」で味付け。店のおばちゃんが手際よく作ってくれる光景を見るだけでも楽しめます。

さて、今回とりあげる「神戸の隠れグルメ」。神戸といっても三宮駅あたりから少し東あたりまでの、ごく狭い範囲で密かに味わうことのできる食べ物。それは、

ずばり「カレーそば」です。

これを聞いて、そば好きの方はびっくりするでしょう。そばといえば、あの香りが重要です。

「我輩は猫である」の中で江戸っ子がざるそばを食べるくだりがあります。ざるからそばをひとすくいし、1/3程をつゆに漬け、一気にすする、そんな食べ方が通とされています。

和休もそば好きなので、カレーとそばの組み合わせなんて、旨いそばが台無しじゃないか。なんて思っていました。

でも、ものは試しと思って一度食べてみると、これがくせになる旨さなんですね。

和休は、いつもカレーそばと小ごはんを注文し、カレーそばを片付けたあと、残ったカレーとごはんをミックスして最後の一滴までいただきます。

あー、こんな記事を書いているうちに、また食べたくなってきました。

皆さんも神戸にお越しの際は、だまされたと思って一度食べてみてください。

コメント

  1. 和休 より:

    ホント、くせになる味ですよ!
    ここのお店はほとんどのお客さんが、カレーそばかカレーうどんを注文しています。

  2. お下劣鉄工所 より:

    これで神戸に行く用事が1つ出来ました??

    暖かくなったら出かけてみようかなぁ~!!