シェアする

ゾロ目GET!!

和休のアルファードの走行距離が111,111kmを達成しました。自宅の駐車場に車を止めてふとメーターを見ると、ゾロ目になっているではありませんか!

あわてて携帯で写真を撮りました。

和休のアルファードは、平成20年式。平成26年に中古で購入してから、大体年間11,000kmずつ距離を伸ばしています。目標はあと10年乗ることで、走行距離は20万km!そしてその頃、和休は49歳になります。

乗り換えのタイミングというのは大きな修理費がかかるような時ですよね。10年ぐらい乗ってエンジンやミッション、エアコンなんかが壊れてしまうと「長いこと乗ったし、じゃあ乗り換えようか」なんて感じでしょうか。

実は、和休のアルファード、一度エンジンをオーバーホールしています。

購入してから1年ぐらいした頃だったでしょうか、加速時にノッキング(エンジンからカタカタカタというようなせき込むような音。なんらかの原因で異常燃焼していることが多い。)するようになってきたのです。点検の度に「ノッキングするんです。」と伝えていて、添加剤やなにやら処置をしてくれていたのですが、ある日の点検でオイルの異常消費が判明し、オーバーホールすることになりました。

購入したのは、トヨタのディーラー系中古車販売会社だったので、長期保証がついており、今回のオーバーホールはなんと保証の対象になりました。

その後、ノッキングの症状は消え、快調に距離を伸ばしております。あと10年、和休達の家族を載せて、いろんなところへ行こう!

シェアする

フォローする